※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



嫩葉


詞曲:保健体育P
編曲:保健体育P
演唱:月代はくぽ
翻譯:梨安子


募る「夢」と 積もってゆく「時」
(將強烈的「夢」 與積累的「時間」)
両手に乗せて 重さを量ってみても
(試著以雙手捧起 掂量其重量)
育ちもせず しぼみもしないで
(既不成長 亦不凋萎)
部屋の隅で 待ってるだけ
(僅是在房間一角 靜靜等待)

いつ見えるとも 限らぬ出口
(不論何時所見 皆無侷限的出口)
繰り返される ひとつの問答
(不斷反覆著 唯一的問答)
約束された世界を
(對充滿拘束的世界)
横目に見ていたけれど
(投以側目眼光)

ぼろぼろのまま この両足は
(以殘破不堪的 這對雙腳)
大地を踏みしめている
(一步步踏足大地)
行く手を阻む あらゆるものを
(跨越所有 阻礙前行的事物)
乗り越えた その先に賭けている
(在這前方賭上一切)

理由もなく ふけてゆく夜を
(毫無理由 到來的夜晚)
大きく吸い込み 何かにまた気づいた
(在深深呼息中 意識到了「什麼」)
かつて聞いた 誰かの科白と
(曾經聽過的 某人的科白與)
僕と明日の 関係性
(我與明日的 關連性)

成功でも 失敗でも
(成功或是 失敗都)
自分の土となって
(會成為養育自己的土壤)
きっとそこから 始まるのだろう
(一定是 從那裏開始的吧)
思い出してごらんよ
(回想時就能夠明瞭)

世界に触れたその時 僕らの気持ちは生まれ
(碰觸世界的瞬間 誕生我們的心情)
人の心を種として 言の葉をまとい茂る
(人心化為種子 繁茂出語言之葉)
そして 思いは言葉となって 言葉は形となって
(然後 思考化為言語 言語成為實體)
やがては空を満たして 木漏れ陽が光る
(最終溢滿青空 化做光灑入林間)

その瞬間を信じてる その瞬間を信じてる
(相信那瞬間 相信著那一瞬間)
その瞬間を信じてる その瞬間を信じてるから
(相信那瞬間 正因相信著那一瞬間)
ぼろぼろのまま この両足は
(以殘破不堪的 這對雙腳)
くじけず 大地を踏みしめている
(毫不氣餒 朝著大地踏足)