※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



旋風

詞曲:わんだらP
編曲:わんだらP
演唱:KAITO
翻譯:梨安子


足元を舞う兆し うなだれる空の下
(於腳邊旋舞征候 憂慮垂首之天空下)
生暖かな吐息 髪と頬をかすめ ざわつく胸の内
(溫和的呼息 掠過髮與頰邊 躁動不安的心中)
掴むこと叶わないもの達に 煽られては
(煽動著 無法如願的那些)
灰色を翻し 脆い背中を晒した
(翻舞灰之色 曝露脆弱的背影)

翼などないと承知で 逸るままに 高みへと踏み出せば
(深知己身並無飛翼 意氣地 朝著高處踩踏步伐)

僕のつま先から始まる物語
(從我的指間開始的故事)
喜び怒り泣き 暴れる風の中で
(喜悅憤怒悲泣 在狂暴的風中)
巻き込まれた君と会い 互いに手を伸ばした 激しくうねる
(與被卷入的你相遇 對彼此伸出了手 劇烈地翻騰)

吸い寄せた心の 叫びを捕まえて
(補吸引靠近的 心的叫喊)
呼吸さえ忘れて あがいた日々の記憶
(連呼吸都忘卻 掙扎之日的記憶)
行方の知れない明日に 刻みつける印 誰かに触れて光る
(在未知去向的明日裡 銘刻下的印記 被誰觸碰而光耀)


古傷に巻きついた 端切れが過去になびく
(將舊傷也卷入 片段隨著過去飄搖)
目を閉じて思い出す 振り切れない痛み 数えては隠した
(閉上雙眼回想 無法割捨的痛楚 數清後卻隱瞞)
届かない歯痒さに 揺れては打ち砕かれて
(無法傳達的不甘 動搖著被擊成碎片)
それでも留まるのは 強さを秘めているから
(即使如此仍留存的 即是蘊藏心中的強悍)

暗く覆う彼方仰ぎ 燃える瞳 静けさを脱ぎ捨てて
(仰望被黑暗掩蓋的彼端 燃燒的雙眸 將靜默褪捨)

蹴り上げた大地が 僕から遠ざかる
(踢開的大地 自我之身遠去)
近づく何もかもを 呑み込む渦の中で
(在將靠近的一切都 吞沒的渦旋中)
目まぐるしく移りゆく飽くなきこの世界に 勢いづいた
(景色移動目不暇給不會厭煩的這個世界 掌握手中)

追いつ追われつして 力を呼び覚ます
(追逐被追逐 喚醒了力量)
流れ込んだ熱が 身体を駆け巡って
(流入的熱度於 身體內巡迴馳走)
散り散りになった千の夢の欠片 全て 再びここに集う
(散落不停散落的千萬片夢之碎片 全部 再次匯集於此)


僕のつま先から始まる物語
(從我的指間開始的故事)
喜び怒り泣き 暴れる風の中で
(喜悅憤怒悲泣 在狂暴的風中)
巻き込まれた君と会い 互いの手を掴んだ 激しくうねる
(與被卷入的你相遇 握住了彼此的手 劇烈地翻騰)


吸い寄せた心の 叫びを捕まえて
(補吸引靠近的 心的叫喊)
がむしゃらな僕らは 抗い続けるだろう
(拼上一切的我們 會繼續抗爭下去吧)
行方の知れない明日に 追い求める証 つむじを裂いて光る
(在未知去向的明日裡 追尋的証明 旋流迸裂出光芒)



以《他》為起點的旋風與,被旋流卷入的使用者們的故事。--翻譯自作者主米