依頼案投下所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

領地、博物館、冒険者ギルド等で受ける依頼案を投下するページです。
下記のテンプレに従って投稿してね

依頼用テンプレ
《依頼者》:
《期限》:
《報酬》:
《依頼内容》:


依頼案
  • 《依頼者》:王宮
    《期限》: 6季
    《報酬》: 金1000万 特級魔導書、特級錬金術書、特級歴史書等各1冊 特級武具一種、レアダイス、特級ダイス1個
    《依頼内容》:「古代アーティファクトの修復及び性能試験、取り扱い調査書の作成」
    近年古代遺跡から発見されたアーティファクトの修復、調査をお願いします
    魔法知識、歴史知識、錬金術、武術等広範囲の分野で優れた方達が必要です
    各種専門家と付き合いのある方に依頼します。
    備考;依頼受注条件は各種鑑定技能6以上、王立図書館又はブロワ家第二書庫希少本の閲覧を申請できる方
    大魔法使い、錬金術師、古代文明の研究家、達人級武人等専門家集団の協力が必要です
  • 《依頼者》:冒険者ギルド受付
    《期限》: 秋期末まで
    《報酬》: 金20万、マジックアイテム、各種錬金素材
    《依頼内容》:「シタラバ国内全域での、食用動物及び植物の調査・狩猟、採取手引書作成」
    水害による食料不足を抑えるため、
    シタラバ国内で地域毎の各種手引書を作る事になりました
    北部、中央、南部各地の村々を回り、聞き取り、狩猟、採取を行い各種手引書を作成してください
    必要技能・交渉、文章作成、鑑定技能全般 戦闘、採取等幅広い技能を所有してるグループ用依頼です。
  • 《依頼者》:冒険者
    《期限》: 1季
    《報酬》: 金及び財宝から好きな物を一つ(仕事の成果により鑑定系札Lvup)
    《依頼内容》: 「財宝鑑定及び取引価格の見積もり」
    遺跡探索で大量の財宝を見つける事が出来た
    各種鑑定レベル5を持った人物に鑑定と基本取引価格の査定をお願いしたい。
  • 《依頼者》:モブ貴族
    《期限》: 2季
    《報酬》: 金及びアイテム(商売・大札)
    《依頼内容》:「資材調達」
    水害復旧の為、此方で指定する堤防用土木資材を集めてきてくれ
    調達にかかる費用を押さえられるなら、ボーナスも用意しよう
  • 《依頼者》:魔法協会幹部
    《期限》: 2季
    《報酬》: 中級魔導書
    《依頼内容》:「魔法書の写本」
    新人教育用に魔法書を写本してもらいたい
    ただし、暴発の危険があるため
    魔法基礎中・属性小まで修めている事
  • 《依頼者》:王立図書館管理人
    《期限》: 1季
    《報酬》: 文筆・大経験値、書物及び金50000まで (専門書50冊を写本出来れば速筆、達筆系のLvup及び知識札・小・中獲得)
    (成果給・専門書1冊写本毎に1000)
    《依頼内容》:「専門書の写本」
    水害による影響で農業、土木等の専門書の閲覧要請が大幅に増え、
    書が足りなくなっている
    大至急、写本して貰いたい
    ただし、これら書物は大変貴重である為、
    最低でも文筆・中 礼法・小 事務・小まで極めている事を依頼受注の条件とする。
  • 《依頼者》:防具職人
    《期限》:1季
    《報酬》:現金(or防具)
    《依頼内容》: 「魔法耐久試験」
    新作の鎧の魔法への耐久力を検証したい。Lv1以上の攻撃魔法を使える人求む。
    報酬は使える魔法のレベルに応じて上昇。
    《依頼者》:学生魔法使い
    《期限》:2季
    《報酬》:現金or魔法系ダイス経験値
    《依頼内容》:「魔法書写本」
    良い魔法書を見つけたが、希少なため出回っておらず手に入れられなかった。
    そこで、私がその魔法書を図書館で借りてくるので写本してほしい。
    報酬は基本現金だが、ある程度なら魔法について教えることもできる。
  • 《依頼者》:家臣(モブ)
    《期限》:1季
    《報酬》:現金(+土木系ダイス経験値)
    《依頼内容》: 「街道整備」
    水害で荒れた街道を復旧を進めているが、家から出す必要がある監督役が足りない。
    必要な資材や労働力は既に手配が終わっているので現場での作業監督をお願いしたい。
    《依頼者》:村長(モブ)
    《期限》:2季
    《報酬》:現金
    《依頼内容》: 「居座り避難民の説得」
    私の村は幸いにして水害の被害が小さかったので他所からの避難民を受け入れていたのですが、
    遠方の村からの避難民が勝手に小屋を建てて村の隅に居座っています。
    穏便に立ち退いてもらうため、説得に協力してください。
  • 《依頼者》:できない子
    《期限》:一季
    《報酬》: 安価
    《依頼内容》:前回、検地定規を仕入れてもらったが検地を行う人手が足りず、非協力的な村落が存在する。
    村落の説得と検地どちらかを手伝ってもらいたい。
  • 《依頼者》:協力的な村の村長
    《期限》:3季
    《報酬》:ブロワ家への一層の協力
    《依頼内容》: 「荒れ田畑の復旧」
    水害によって荒れた田畑の復旧に力を貸してください。
    被害が大きく現金・現物での報酬を出すことができませんが、
    労働力の提供や非協力的な村への説得など、村をあげてのより一層の協力をお約束します。
    《依頼者》:とある豪族
    《期限》:1季
    《報酬》:ブロワ家への協力or個人的な便宜
    《依頼内容》: 「芸術品売却への立ち会い」
    水害の被害を補填するため、コレクションの一部を売却したいと考えている。
    その交渉の場において商人との公正な取引のための立会人をよこしてほしい。
    契約書類についての知識を持つものが望ましい。
  • 《依頼者》:冒険者ギルド
    《期限》:1季
    《報酬》:現金
    《依頼内容》:冒険者ギルドに所属する人向けの広報パンフレット作成のお願い
    不作により少し増えた冒険者に向けて最低限必要な事項などをあらかじめ知っておいて欲しい
    内容があっていれば細かいところはお任せします
    (TRPG版作るならどんな感じになるかな、とか)
  • 《依頼者》:アウトニア商人組合
    《期限》:3季
    《報酬》:現金+αで一定期間毎の収入(マージン)
    《依頼内容》: アウトニアにはこれといった名物、特に加工品などの名産品が有りません。
    アウトニアにある作物等を利用して、名物料理や名産品等を開発したいので、その協力をして欲しいです。
    際立って良い物が出来た場合には、独占契約を結び、一定期間毎に売り上げの数パーセントのマージンをお渡しします。
    ※食品を作るならば、料理関係の技能があると良いでしょう。
  • 《依頼者》:家臣(農政担当っぽいキャラ)
    《期限》:1季
    《報酬》:現金(or可能なら新農法の知識)
    《依頼内容》:新農法の導入を推進するために、領内の村々へ向けた手引書を作成しようと考えている。
    手が空いている文筆技能所持者がいれば手伝って欲しい。
    ある程度の農業知識があれば尚良し。
    《依頼者》:家臣(農政担当っぽいキャラ)
    《期限》:2季
    《報酬》:現金
    《依頼内容》:新農法の手引書を領内の村々へに配るために、写本に手を貸して欲しい。
    写本した量に応じて報酬up。
  • 《依頼者》 : できない子
    《期限》 : 一季
    《報酬》 : 勉強用の本(+現金)
    《依頼内容》: 以前の水害で農地が大きな被害を受け、田や畑をつくり直さなければならない。
    以前、領地に移ってきた時に検地をし直したのだが形がバラバラなため検地に時間がかかってしまった。
    作りなおす田や畑は一枚の形と大きさを統一することで、検地や農産物の収穫量の見込み等の計算を
    しやすくしようと考えている。その際に用いる検地定規の規格化を行うために検地定規を新調する。
    長さの統一された検地定規を仕入れてきてもらいたい。
  • 《依頼者》:商店主(モブ)
    《期限》:3季
    《報酬》:現金or商品の現物支給
    《依頼内容》:代替わりにあたって商店の沿革をまとめたい。
    前店主である父から話を聞き、記録してほしい。
    ※口述筆記技能必須
    《依頼者》:家臣(モブ)
    《期限》:1季
    《報酬》:現金(+収蔵物)
    《依頼内容》:家の古い蔵を改築することになったので、中の物を運び出す為に男手が欲しい。
    報酬は現金だが、蔵の中身で欲しいものがあれば応相談。
    ※鑑定技能があれば掘り出し物も見つかるかも?
  • 《依頼者》:できない子
    《期限》:1季
    《報酬》:現金(+人脈)
    《依頼内容》:領内の巡察を行って領地の状況を把握すると同時に、関係各所との顔合わせも行ってほしい。
  • 《依頼者》: 巫女っぽいキャラ
    《期限》: 1季
    《報酬》: 神木の折れた枝(練金素材とか)
    《依頼内容》:新入りのミスで、神木に奉納する御神酒が足りなくなってしまった。私達は奉納の準備が忙しくて御神酒の注文まで手がまわせない。なんとか次の奉納までに、御神酒を集めて貰えないだろうか。