蒼星石


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【蒼星石・ド・ブロワ/貴族/ヴィクトリカの妹/出典:Rozen Maiden】

   ヽ 三_,. - " 三三三三__三三_三_三三三ヽ
    ,V´三三三,. -─' ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ 三 ノ
   |_三三 ,. イ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:\:.:.:.:Y
   l _三:: ':.:.:.:/:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:\:.:.:.:.ヽ:.::.゙
    ゝ三 |:.::./:.:.:./.:.:.ハ:.:l!:.:.: i -.- .、::ヽ:.:.:.:.!:.:.:|
     ヽll !:.イ::.!: ,. -,‐‐l:.i! :.: |  ヽ.:.:.::.:ハ:.:.:|:.:.:|
        Y:.|!:.:.|:.:|:./_  !:|!、:.:.|  ,._=ー,、:.:ヾl:.:.:l
      l:.イ!:.:.l.:.レ =_.、ゝ ゝ!   ォ::::リ !:.:.:..|:.,リ
      ∨ V:.:イ! フ..ノ        ̄"イ:.:.:レ
        _ゞ.:.:ゝ"    、      イ:.:/
       イ ハ:.:ハ!-、   ー '   ∠:l:/
     /: :.l r'{ レ l ´`ー-、 __ イ  l!' `ーr⌒ヽ
     , : : : :フ! ゝ. _      \ /      ヒ ハ
     |: : : : ゝゝ   _>     ノr===,、    iト、〈: : ヽ
    人: : : : : \r‐'/´  ̄ `<.li!   |:!    !|_ノ : : :.1
   /: : : : : : : :「ヽ./ o     ヽヾ_ ノj  ノ`!  } : : : :|
  (: : : : : : : : : :: ン'        /!| ̄ r'__,-_、フ: : : : :.|
  ヽ: : : : : : : : ::L7         / !| r ´. .! : : :!` ! : : : |
    \: : : : : :イ        /.  !| |ゝー!`:‐::!: :| : : : :!


○ 危うい方針を採っているヴィクトリカの力になりたいと思っているが、ヴィクトリカは「外に出ろ」の一点張りだったため、売り言葉に買い言葉で
 喧嘩に発展してしまい、家出したところ究極筋肉プリンに呪われてしまった。理想の筋肉を求めヒモンナの町で叫んでいたが、
 やる夫・によりこれ以上ない程都合の良い形で救出される。
○ 上記の経緯により、やる夫には感謝しており、家が複雑なこともあって王都に戻ってからもよろしくしたいと考えている。
 また、救出後に見舞いに行った結果、できる範囲で一度、助けてくれるとのこと。
○ 姉であるヴィクトリカからの評価は「無駄に行動力がありすぎるのと、思い込んだら一直線なのと、私のいうことを聞かないのさえ除けば、
 相応に頭も回るし、ちゃんとした教育も受けているから、悪い妹ではないんだがなぁ。」らしい。
○ 王都に行くまでの馬車でやる夫が記憶喪失というところまでは話している。
○ 知の神の信徒であり、時折神殿に訪れては高嶺 清麿が預かっている子供達の面倒を見ており、神殿の子供達からは好かれている。
○ 格式ばった対応は苦手らしく、公的な場以外ではカジュアルな対応を求める。この辺については良くロベルタに色々言われているらしい。