※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3話



突然の知らせ


「そーいや今日抜き打ちテストあるらしいよ」

朝から抹茶パピコを食べている雅成が言った

「 はあああああああああああ?」

声が鳴り響いた

「なんで言わないんだよ」

「言わないほうが面白いじゃん★」

ウインクしながら奴は言った

みんなが焦り出したのに1人だけ違った

「岡崎なんで1人だけ余裕なの?」

「 もうテストなんてオワッタからどうでもいいじゃん★」

「 だよねええええええええ」

って共感するのが半数

( おい・・・・・)

って思うのも半数

個性溢れるみんちゃスターズであった


抜 き 打 ち テ ス ト

一年B組

「 今からテストを始めます」

「しね」

「しね」

「しね」

続けるように3人は言った。



二年A組

「今からテストを始めます」

みかん「めんどくせー」

みくり 「 できるかな?」

雅成 (ドヤ顔)



二年C組

「今からテストを始めます」

時那「フフフ 私の実力(ry)」

雄也 「 まあ普通かな」

岡崎 「オワタ」



三年A組

授業中

「あっ三年はテストないのか」

喜ぶけーた



数日後テストが帰ってきた

「なんで岡崎点数いいの?」

「イケメンだからだよ★」

「雅成も点数いいじゃん」

「抹茶パピコのおかげかもね★」

岡崎は信じられないほど点数がよかった

一生懸命勉強してたのは内緒

他の人の点数はというと

燃えた

燃え尽きた

ふぁいやあああああああああああああああ