※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

携帯電話としては、SoftBankのiPhoneを「ホワイトプラン(980円)」と「パケットし放題 for スマートフォン(1029円〜)」で使用しています。ですので、普通にiPhoneからかけると、相手がソフトバンクでなかった場合には、通話料金は30秒で21円もかかってしまいます。一時期、「ダブルホワイト」も契約していましたが、高い時で通話料が2万円ぐらいのこともありました。

あまりにも高い通話料に辟易としていた頃、「050 Plus」が発表されましたので、発表直後から使い始めました。基本料金が月々315円かかりますし、通話料として毎月2、3千円程度支払う事もありますが、iPhoneの「ホワイトプラン」や「ダブルホワイト」の頃に比べればかなり安くなっていますので、とても重宝しています。050 Plusを導入した直後は「050 Plus」を常駐させていたのですが、度々エラーを起こして通話できなくなったり、iPhoneの電池の消費がものすごく早くなったりしたので、基本的には、こちらから発信する時だけ「050 Plus」を立ち上げて使用していました。

実は、2012年の3月末までイーモバイルのPocketWiFi(以下、「ポケファイ」といいます。)を契約していました。月々6千円を超える支払いが2年間続きました。契約当時としては高速な回線が使い放題でしたし、WiMaxは圏外で論外でしたので、選択肢としては間違っていなかったのでしょうが、2年でモバイル環境もすっかり変わりました。あと、「ポケファイ」の電池は結構消耗が激しく、実働時間は3から4時間ぐらいでした。ですから、朝電源を入れて1時間ぐらい使用した後、夜にはバッテリーが「すっからかん」で使えないという状況も珍しくありませんでした。それでも、「050 Plus」を使い始めてからは、PCのモバイル通信だけでなく、通話料を下げる事にも貢献してきたので、まあ、満足していました。2012年の3月末頃は、ちょうどLTEの回線が利用され始めようとしていた頃ですので、もう少し様子を見ようと考え、イーモバイルの契約は更新しませんでした。

このごろ、なにげにSoftBankのWiFiスポットもかなり充実してきましたので、PocketWiFiを解約してからは、意地でもWiFiの使える環境をさがして、そこでのみ「050 Plus」を使用してきました。モバイル環境を自分で持ち歩かなくても、あまりこまらないなと、感心していました。

ところが、最近、携帯の番号宛ではなく「050 Plus」宛の着信が多くなってきました。若い人には、「050から始まる番号は、こちらからの発信専用なので、そちらからおかけいただく場合は、080から始まる番号にお願いします。」でもすむのかもしれませんが、年配の方の携帯電話にかけた場合は、履歴から直接返信されることが多いので、「050 Plus」を「携帯なみに」いつでも使用できるように、見直しが必要になってきました。やっぱり、先方から見れば面倒ですし、それに、050どうしならただですもんね。。。お互い。。。

ということで、なんとか格安の「050 Plus」常時利用環境を目指す事にしました。ターゲットは、最近流行の格安SIMとパナソニックのP-01Dです。