|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

賢者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●賢者

・総評

 所謂支援役。レベル1のクラス修正を見れば判るとおり、単独クラスでの戦闘能力は皆無と言っていいでしょう。

 他人の支援や、自身の他のクラスでは出来ない細かいサポート、穴埋めを得意とするクラスです。データに自信があるなら、撃破役や防衛役に賢者を噛ませて支援も出来るPCを作ると、PT全体の戦略幅が広がるでしょう。

 

・特技

 《賢者の知恵》

 所謂ダイス操作特技。使用回数が少なめですが、自動取得だと思えば素晴らしい性能だと言えるでしょう。クリティカル型の味方が居ると輝きます。勿論、自分で《万能の人》を使ってクリティカルを狙うのも有効です。

 

《応用法》

 あらゆる判定に修正が付けられますが、コストが少々重めです。レベルを上げれば非常に強力ではありますが……。情報収集に限るのであれば《万巻の書》で十分でしょう。

 

《一網打尽》

 他人に飛ばせる範囲化ですが、使用回数制限が少なく使いどころが難しい特技です。効果自体は極めて強力です。《限界突破》前提で取得してもいいかもしれません。

 攻撃役が範囲攻撃でも最大火力が出せる構成だと相対的に旨みの少なくなってしまいますので、取得の際には相談が必要でしょう。

 

《医聖の手》

 消費が軽い代わりに射程に難のある回復特技です。攻撃役を兼ねて《野草知識》を取得するという手もあります。

 

《警告》

 メジャーアクションでラウンド持続、効果を大きくするには多くの特技枠が必要と、単体で見れば欠点の多い特技です。《賢しき一手》と併用するのが良いとは思われますが、代償の重さの割りに効果が低く、正直あまり実用的ではありません。

 

《賢しき一手》

 本来使い難い、メジャーアクションによる支援行動を使い勝手のいいものにする為の特技です。

 ただ、メジャーアクションの支援の一部は高レベルになるとタイミングが変えられるものがあり、それらを使う場合は無駄にならないよう注意が必要です。

 《瞬速行動》を使って最初に行動するPCよりも早く支援をするには行動値で勝たねばならない為、装備やクラス構成に気を使う必要があります。 

 

《刹那の判断》

 マイナー追加特技。戦闘移動が行えるのは他の類似特技には無い、珍しい特徴です。更に他のマイナーアクション増加特技とは違い、更に追加してマイナーアクション増加特技が使用できます。その分コストは増大しますが、記憶しておいて損は無いでしょう。

 

《最適化》

 条件付ではあるけれどメジャーアクションを二回行える、一部の支援屋垂涎の特技です。その分代償も回数制限も派手ではありますが。《限界突破》や《潜在覚醒》を前提として使うのは有効な活用方法の一つです。

 

《資金援助》

 財産点取得特技の中ではそこそこの効率です。レベル制なので得られる点数を上げるのも容易ですが、そこに特技枠を割くかどうかという問題もあります。

 

《指導者の声》

 行動回数を増やす特技ではなく、割り込みで行動させる特技です。単体では行動値のより早い相手に対する対策程度の意味しか持たず、《瞬速行動》のあるこのゲームでの有用性はそこまで高いものではないでしょう。《星を見る人》で少し特性を変更できます。

 

《見逃さぬ眼》

 持続時間とタイミングがあまりにも厳しい為、これ単体ではあまり役に立たないでしょう。ダメージを与えた方がまだいいかもしれません。本領は《賢しき一手》を組み合わせたときに発揮されます。が、これも特技枠が多く必要な構成である為、高レベルでないと活用は難しいかもしれません。

 

《万巻の書》

 同タイプの特技では唯一、代償のない特技です。情報収集=基本能力値判定はレベル上昇で伸びる事がありません。そういった意味では便利な特技と言えるでしょう。

 判定失敗の振りなおしや財産点の温存など、直接的ではないにしろリソース温存に役立つ特技です。

 

《戦場の賢者》

 レベル上限に少々難がありますが、戦闘できる賢者を作るのなら有効な特技です。ただ、賢者は戦闘能力値のクラス修正そのものが低く、有効活用するには工夫が必要です。

 

《知恵袋》

 《指導者の声》、《星を見る人》と組み合うことに注目しましょう。それ以外にも使い道は多岐にわたります。当てはまる特技を一つでも持っているなら、習得しておいて損は無いでしょう。

 

《調合知識》

 アイテムと邪毒強化特技の例に漏れず、《山野の毒》《調合知識》との併用が強力です。また、賢者特技の中にも《劇薬生成》や《医聖の手》があります。

 攻撃能力の強化として使う場合、《堕ちたる魂》《虚なる魂》を持つボスには効きにくいのが難点ではありますが……。

 

《適切なる助言》

 効果自体は劇的ですが、タイミングや回数制限が厳しい特技です。やはり《賢しき一手》《知恵袋》が欲しい特技といえるでしょう。また、《時を凍らせるもの》と併用するという選択肢も。

 類似特技に《汚れなき瞳》もあります。タイミングの違い、上昇幅に差があります。

 

《万能の人》

 これ単体では正直役に立つは言い難い特技です。本領は他の類似特技と併用する事で発揮されます。特に、戦人と日陰者の自動取得とは相性が良く、《紅の一族》を習得する事で劇的な効果が見込めるでしょう。その分、デメリットがきついので構成には気をつけなければなりません。

 

《ディヴォートの血脈》

 数値としては微々たる変動しか及ぼさず、あまり取得するメリットがありません。GM判断次第で有効か否かが大きく分かれる特技です。

 

《須臾の対策》

 モノトーンミュージアム最大の敵はバッドステータスと言っても過言ではありません。費用対効果はさほどよくありませんが、他人に飛ばせる為、保険としては優秀です。

 自分が重圧下にある場合は当然使えません。

 

《緊急蘇生術》

 《偽りの不死》が存在するモノトーンミュージアムにおいて、この特技が有効活用される場面は極めて限定的です。取得するなら最低限で良いでしょう。

 

《警鐘の音色》

 ダメージ軽減特技の中でも優秀な特技です。種別なしなので術特技を強化する特技やアイテムの恩恵を得られない点に注意しましょう。

 

《劇薬作成》

 物理攻撃が条件である事に注意しましょう。マイナーアクションを増やして、《毒矢》《夜の蝶》などと併用するもの有効な手ではないでしょうか。

《虚なる魂》は重圧を解除できません。

 

《賢者の助言》

 必ずバッドステータスを受けるゲームである以上、非常に便利です。また《知恵袋》で範囲化する事もできます。指定したバッドステータスが来ない可能性も当然ある為、お守りとして重圧対策しておくと良いかもしれません。

 

《死の叡智》

 レベル上限、係数、適用範囲と、中々有効活用するのが難しい特技です。3レベルもあれば効く相手には劇的に効きます。《劇薬生成》等の特技を使って狙ってみるのも良いでしょう。

 条件を満たすための攻撃で相手が倒れるという事態もありえます。

 

《弱点看破》

 《見逃さぬ眼》の下位互換特技です。これは一体何のためにあるのかといえば恐らく、同名の特技の効果は重複しない原則を擬似的に打ち破る為でしょう。つまり、二重に相手の防御修正を削るわけです。勿論、《賢しき一手》や《最適化》はあったほうが良いでしょう。

 そんな高い防御修正なら《憤怒の一撃》を使えば済むと言ってしまえばそれまでではありますが……。

 

《狭めし選択》

 代償、効果、回数制限のどれもが優秀です。防衛役が居る場合はより高い効果を発揮するでしょう。

 攻撃対象は攻撃者が選択する事に注意しましょう。

 

《星を見る人》

 《指導者の声》の性質を変化させる特技です。《最適化》や《賢しき一手》の存在を考えれば《星を見る人》の効果は劇的だと言っていいでしょう。その分代償は重めですが、それだけの価値はあります。

 

《魔除けの化粧》

 有効に機能するかどうかはボスや取り巻きによって左右されてしまう特技です。勿論、機能すれば効果は大きいのですが……。

 対象変更も出来ず、あまり使いやすい特技ではないでしょう。

 

《導きの星》

 味方にマイナーアクションでやることのある接近戦専門PCがいるかどうかで取得を考慮しましょう。また、離れた位置に居る対象にも撃てます。使い方次第、状況次第ではかなり有効になり得る特技と言えます。

 

《万の心得》

 この特技単独では機能しませんが、《警鐘の音色》と組み合わせる事でパーティ全体の防御能力を大幅に上昇させられます。

 そして、生存能力は《偽りの不死》の使用回数低下にも繋がり、結果的に剥離値上昇を抑えられる可能性もあります。

ルール

+ ...

参考資料

  • GF情報
  • β版ネタ
  • イメージソース



リンク