キャラクター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公について

白見 操(しらみ みさお)
20歳。155cm、貧乳、細身、茶髪ショート
親が孤児院の責任者のため、孤児たちとともに生活をしている。
普段他人とは飄々と明るく接しているが、気は小さく、卑屈な面もある。
異性への愛情表現に対する屈折した思いを抱えており、また自分の価値を低く見積もりがちなところから、貞操観念は低め。
また好き嫌いが多いうえ食が細いために、深刻な生理不順と極度の夜盲症を抱えており、声で人を判断するクセが身についている。

 

攻略キャラクター

志摩 佑喜(しま ゆうき)cv.岸尾だいすけ
19歳。175cm、B型、茶髪
操の大学の後輩で孤児院の出身。ところどころにボディピアスがあるが、見た目は普通の青年。
人当たりは良いが、物事に対して俯瞰的。
セックスに非常に依存しており、それを愛情の秤であると信じてやまない。
町役場の廃れた喫茶店でバイトをしている。

思慮

 

高宮 眞人(たかみや まさと)cv.中澤まさとも
25歳。183cm、O型、黒髪

「困ったことがあったら、僕になんでも相談して。僕と神様が力を合わせてできないことはないんだから。」

非常に貧しい家庭で育っており、自分がここまで成長したのは神様のお陰と常に感謝している。
現在は孤児院で職員を務め、子供達の面倒を見る。
慈愛に満ちていて、世話焼きであるが、過干渉な一面もある。

敬虔

 

川端 聖也(かわばた せいや)cv.保志総一朗
22歳、167cm、AB型、赤髪
加虐・被虐どちらにも耐性があり、すべてにおいて寛大であり奔放。
孤児院で眞人の手伝いをし、悠々自適に過ごしている。
子供の世話は甲斐甲斐しく焼くが、本当のところは子供が苦手。
壮絶な過去を持ち、孤児院の面々から腫れ物扱いされることが多々ある。

純真

 

〈双子〉左右対称のピアス
兄:北森 守(きたもり まもる)cv.杉山紀彰
18歳、192cm、A型、茶髪
双子の兄。昔かなりの肥満児だったためいじめられっ子であった。現在は普通体型に戻ったが、過食と嘔吐がやめられない摂食障害に悩まされている。
頭が悪くのろまな様が目立つが、基本的に悪意はない。

小心

 

弟:北森 光(きたもり ひかる)cv.立花慎之介
18歳、178cm、O型、茶髪
双子の弟。兄に比べて病弱だったため、母親につきっきりで育てられて過度のマザコン。
賢い策士な一面がある。ポーカーフェイス。

利口

なお、この双子は共依存度が非常に高く、互いを一番に愛している。

 

綿貫 幸介(わたぬき こうすけ)cv.木村良平
17歳。173cm、AB型、茶金髪
可愛らしい容姿で母親に溺愛されて育った甘ったれ。気に入らないことがあると嘘泣きをする。
人間関係においては犬のように積極的だが、女に対してはチャラついた態度をとっている。

 

石神 行彦(いしがみ ゆきひこ)cv.日野聡
26歳。178cm、A型、茶髪
年長者としての気概がある良識者。しかしその人の良さから巻き込まれ体質。
気に障ることがあると被害者面をしがち、過去に受けた暴力が忘れられない。喫煙者。

 

樫井 洋海(かしい ひろみ)cv.水島大宙
17歳。175cm、A型、赤茶髪
孤児特有の寂しさを埋めるために、あらゆることを努力してきた。その結果、優秀であるがそのため自信過剰で、選民思想が甚だしい。
プライドが高く、泣き虫。

 

その他のキャラクター

関根 暁美(せきね あけみ)cv.未定
18歳、165cm、巨乳、ふくよか、茶髪ロング
操たちと同じ孤児院で育ったが、操との関係性は薄め。
昔は地味で素朴な少女だったが、裕福な家庭に引き取られてから満ち足りた生活を手にし、幸福を謳歌し始める。
おっとりとしていて純粋だが、空気の読めない一面が目立つことも。
愛読書はcancam系。操のコンプレックスを刺激しがち。

 

冬槻 累(ふゆつき るい)cv.櫻井孝宏
20歳、180cm、O型、黒髪
操の大学の同級生。帰国子女で、女性に対して紳士的な態度をとるが、男尊女卑の考えを持つ。
混血児で美麗な容姿。頭に血が上りやすい。
佑喜とは仲が悪い。