出版社代表の答弁(補足情報)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(※補足 契約内容不履行を明言する出版社代表の友人氏の書き込み)

寝るのが早いもので8時に寝て、今起きて、コメントにビックリしました。

僕が(出版社代表)さんの所に行かせてもらったのは今年の3月…

『どうして刊行されないのかなぁ?』

情報が少ない中で、少しでも聞ければなぁなんて、ちょっとずるい考えで会わせてもらいました。

小さな出版社でした。

なんて言うんでしょうか…青山の小さな1Kのちょっと豪華なマンションで、一人でもくもくと作業をしているなぁ…というイメージでした。

(出版社代表)さんに会った第一印象を言いますと…


『少年みたいな方だなぁ…』


と思いました。

紅茶とキットカットを用意してくれて、少しだけ(出版社代表)さんの人生を教えて頂きました。


優しい、熱くなりやすい、普段はとても温厚


こんなイメージです。

遅れていた理由も話してくれました。

別れ際、悲しそうな目で


『なんとかするから…(○☆○(※出版社代表の友人))君ごめんね。』


と言われた時に、素直な方だな…と感じました。


たった今、(出版社代表)さんに電話させて頂きました。


『(出版社代表)さん…謝るところは謝らなければいけませんよね。』


なんていつもみたいに軽く言うと…


『そうだね…』


なんておっしゃってくれました。


今日僕もPDFを初めて見ました。


とても素敵な出来にビックリしました。


(書籍化委員窓口)さん、(日ロワ管理人)さん、(出版社代表)さん


皆様、影で頑張ってくれていたのだな…と自分が恥ずかしくなりました。


ここまで、頑張ってくれた委員会の方…


(出版社代表)さん。


その協力で、あの素晴らしいPDFが完成したと思います。


途中のイラストも素敵でした。


もう僕も何が言いたいか、よくわかりませんが…


しゃしゃり出て本当にすいません。


(書籍化委員窓口)さん、(日ロワ管理人)さん、(出版社代表)さん。


素敵なPDFをありがとうございました。


なんか、本当にすいません…


このPDFが、書店に置かれる日を願っております。


ものがわからない、年齢の若い僕がしゃしゃり出て本当にすいませんでした。


どうか東日本に桜が咲きますように。

(※個人名を伏せた以外は原文ママ)上記トピック[126]より全文引用。

(※引用者注)……2013.3月といえば、書籍化委員へのメール・メッセージがなく、催促メールを送っても音信不通だった時期である。

普通の会社ならば、無関係の人間とチョコウエハースを食べている場合ではない。