のまたま(仮)の神さまについて

ここでは、PLの仇敵である 神さま の説明をしていきます。

神さまとは

神さまとは、この世界を形作る全ての物・事を支配権を有している存在。
事象の発生などの許可権利を持つ。
例えば火の神さまの許可がなければ、ライターなどで火をつけることが出来ない。
事象の発生を直接実行する精霊などを管理する役目も持つ。
神話の時代には巫女など一部の生物にのみ契約権限があり、その一部の生物を通して信仰力を得ることで力を誇示している。
その契約から発せられる力は魔法と呼ばれていた。
世界は神さまに支配されていた。
人は神さまに信仰を傾ける反面、どこか窮屈さを感じ始めていた。

神さまの種類と特性

自然神

世界が機能する上で必要な物事、または生物の営み等から生まれる神さま。
自身が支配するものの中に紛れ込んでたり、信仰の対象になってたり、どっかに封印されてたりしています。

半人造神

人が創りだした『神話』等から生まれた神さま。
物語の神さま等、そういった分野の神さまが生み出したものです。
専用の世界を持っており、その中でのみ強い力を発揮する事ができる。

人造神

人間が営利目的等で創りだしたもの。
未来編で、神さまの支配力の調和を保つために作られる。

猿でもできる神さまの倒し方

神話編

  1. 神さまを探そう!
    災害の原因や信仰の対象等になっているので、噂や街の情報等を頼りに探しましょう。
  2. 倒す手段を探そう!
    伝承等から依り代や有効な武器を集めましょう。
  3. 神を倒そう。
    倒そう。

現代編

未来編