医療

イギリスの医療制度では、NHSに加入することにより、無料で医療が受けられます。
これは、general practitioner(GP)というかかりつけ医制度が基本となっています。体の不調があれば、まずはGPに出向き、必要があれば大きな病院に紹介される、というもの。日本のように、どの科に行くべきか悩む必要はありません。

ちなみに、普通の薬は大抵薬局で買えますし、薬剤師さんが親切に説明して下さります。

NHSによる医療を受けるためには、まず近所のGPに登録する必要があります。この際、 予防接種の英文証明書 が必要となりますので、日本で用意しておきましょう。
GPに登録するのに1週間ほどかかりますが、その後、GPにて予約-診察が受けられるようになります。

滞在期間が短い(半年以下)の場合、GP登録できませんが、救急外来(A&E; accident and emergency services)であれば診療可能です。


GPの予約をすると、診察日は数日~1週間ほどの後に設定されるかもしれません。ただし子供の場合はすぐに(数時間以内に)見てもらえる病院が多いと思います。子供や特殊事情がある場合、処方箋のある薬も無料で貰えます。

GPは総合診療的な機関で、更に検査が必要だったり緊急の場合は、大病院に紹介されることになります。ただし、次の紹介予約までに、症状によってはかなり時間がかかる場合もあるようです。


歯科に関しては、NHSの歯科であっても、自己負担を取り入れている所が増えているようです。Brooks university内の歯科の評判が良いです。

Privateであれば自己負担、自己責任ですので、評判を確認した方が良いかもしれません。

ロンドンの日本クラブでは、小児科を含めた日本人医師による診療が受けられます。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|