句と節


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

句や節についての詳細は句詞で述べるが、
ここでは、Palamにおける句や節の定義について述べる。

準品詞

Palamでは、"名詞句または名詞節"という言葉の代わりに"準名詞"という用語を使う。
同様に、"準状態詞"なども用いる。

機能的に語と等価であるが、内部に主述構造(主語と述語)を持つものを指す。
この定義は英語などの節の定義と同じである。
又、Palamでは節詞と接続詞のみが節を導く。

機能的に語と等価であるが、内部に主語を持たない、複数の語の集まりを指す。
但し、表記されないだけで意味上の主語は"不特定、或いは一般の人/生物/物/事"である。
又、Palamで句を導けるのは不定句詞のみである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。