補助詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

補助詞は、文や語に様々な意味を付加し、語尾はiである。
ここでは主なもののみを挙げるので、詳細はPalam辞典を見よ。
又、補助詞の分類を覚える必要はない。

文補助詞

否定、疑問などを表す。
意味 補助詞 語順 訳例
否定 mi 動詞句の直前 ~ない
疑問 pi 文頭 ~か?
又、疑問の代名詞を含む疑問文にpiを付けると、疑問の意味が強調される。
As mi un ikos. (僕は女じゃない。)
As mi ez enxur saax. (私には趣味がない。)
pi Es saaj unxur Usa melix? (あなたはこの本が好きですか?)
pi Ox un Ap? (あなたは一体誰なのですか?)

副補助詞

名詞に係る。
意味 補助詞 語順 訳例
例示 oxi 名詞の直後 ~など
添加 fi 名詞の直後 ~も
強調 xi 名詞の直後 ~こそ
否定 ami 名詞の直後 ~でない

話法補助詞

節内が直接話法であることを表す。
Palamの節詞to~neはこれがない場合は間接話法を用いる。
意味 補助詞 語順 訳例
直接話法 li 節詞toの直後 「~」と
Ox lozan to li As meljun Es. (彼は「俺はお前を愛している」と言った。)

対事補助詞

対事モダリティを表す。
意味 補助詞 語順 訳例
断定 ni 文末 ~である
七推量 eki ~に違いない
六推量 oki 恐らく~だろう
五推量 aki (きっと)~なはずだ
四推量 ifi ~だろう
三推量 ufi ~かもしれない
二推量 efi ~なはずはない
一推量 ofi 決して~ない
義務 exi ~しなければならない
必要 oxi ~する必要がある
当然 axi ~するべきだ
強意志 ipi ~しよう
弱意志 upi ~した方がよい
可能 epi ~できる
許可 opi ~してもよい
※文頭、動詞句の直前、動詞句の直後のいずれか。

対人補助詞

文末 につけて、対人モダリティを表す。
a,eから始まるものは、自分あるいは相手に対するモダリティを表す。
それらの付かない対人モダリティの補助詞より、自分に対するものか相手に対するものかを明確に区別する表現。
自分に対するものはa、相手に対するものはeを語頭に持つ。
又、1つの文に複数個使うのは良くないとされる。
特に他の対人補助詞と一緒になった場合、丁寧や尊敬は消えやすい。
意味 補助詞 訳例
確認 pi ~だよね?
伝達 zi ~だよ
主観詠嘆 ali ~だなあ
客観詠嘆 eli ~だね
主観確認 api ~だよなあ
客観確認 epi ~だよねえ,~じゃん
丁寧 asi ~です, ~ます
尊敬 esi ~です
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。