PDW縛り【企画】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【概要】
所謂「ポケセン利用禁止」の縛りに、ポケモンのゲットをPDWに限定した企画。
見所はやはりPDW内でのポケモン取得にある。


【縛り内容】

●ポケモンの取得
これはPDW内に限られる。
ゲーム内ではタマゴ、野生、問わずゲットしてはいけない。

●ポケモンセンターの入店
ポケモンセンターに入店することを禁止する。
回復及びショップでの買い物は禁止され、BOXの利用も一部の場所の限られる。

●アイテムの取得
これはゲーム内、PDW、共に『自らが拾った』『人から貰った』モノに限られる。
つまり商品の購入に含まれる「自販機」「人から購入」「ショッピングモールでの買い物」等や、
PDWでの「お裾分け棚」「畑の利用」も禁止される。

●時間の縛り
PDW31回。つまり1月でクリアを目指す。
間に合わなかったら世界滅亡。

●フェスミッションの禁止
当然ながら解禁するとヌルゲー



【通常のポケセン縛りとの差異】
「PDWの利用」「アベニューの利用」これが大きな差となる。
一見PDWが解禁されていて楽に思えるが大きく異なる。
通常のポケセン縛りでは後半に行けば行くほど高レベルな野生を捕まえられて即戦力が確保できる。
だがこちらは後半になっても新規加入はLV10かそこら。
マトモに闘うにはしっかり育ててから使うこととなり、ポケモンの育成で強く縛られている。
こちらはアベニューが使える分、最大限に利用して育成するしかない。



【更なる縛りへ】
企画立案者が行った元々の縛りは
「全てのポケモンとアイテムの取得をPDWに限定する(ひでんマシン等は例外)」というものだった。
この縛りでは実際苦しいというのもあったが、ソレ以上に面白みがなかった。
PDW産のアイテムはしょうもないモノが多く持ち物の幅が狭く戦略に幅ができない結果に終わった。
あまり見ていて楽しいものではなかったので、縛りをゆるくしプレイに幅を持たせる結果となった。

より強い縛りを希望ならばゲームを「チャレンジモードで行う」等するとよいと思う。
アイテムの取得制限は自由度がなくなりつまらなくなるので。