孵化歩数と保育所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

育て屋の前を行き来し、タマゴを貰いつつ孵化をする方法をする場合。


(1)
(前提条件)
  • ガモス等の孵化促進ポケモンが手持ちに1匹
  • 育て屋の前で孵化
  • 産まれたら即BOX行き
  • タマゴができたらすぐ受け取る


この条件で検証してみた結果、「捌き切れない」と思うほどタマゴが溜まったのは以下のとおり
(孵化時間は3時間程度)
2匹の仲はまずまずな5000歩グループ  :0個溜まり。*波はあるがタマゴのできるスピードはそう早くはない。運良く全消化できた。
2匹の仲はとてもよいな5000歩グループ :6個溜まり。*減ってもタマゴできての繰り返し。手持ちからタマゴがなくなることがない。
2匹の仲はまずまずな10000歩グループ  :16個溜まり *中々産まれない。産まれないから溜まる
2匹の仲はとてもよいな10000歩グループ :28個溜まり *産まれないのにタマゴはデキてゆく地獄

たまたま産まれすぎたのかもしれないが、やはり1万歩グループは産まれないので溜まる。
5千歩グループに関しては「とってもよい」でタマゴが生成されやすい状態でも、捌ききれる範囲に入るくらいか。
やはり1万歩の壁は暑い。

だが、5千歩は捌ききれそうな数値であり、1万歩のポケモンはそうそう多くはない。
保育所に多くの店舗を割いてしまうのは少し勿体無い、という感想を持った。



(2)
保育所の期待値
ランク10の場合。
あたためるLV5×6(1発孵化)
あたためるLV4×4(ほぼ1発孵化)
あたためるLV3×3
あたためるLV2×2
あたためるLV1×1

1万歩グループであっても、暖めるLV4+LV3でほぼLV5に近いものを期待できる。
LV5で6匹は即孵化。残ったLV4以下を組み合わせて使えば、+3匹は店舗で孵化できる
5千歩グループは、LV4でも即孵化することがあり、1万歩に比べて期待値は大きい。
それ以下のグループはLV4は即孵化同様となってゆく。

1店舗当たりの1発で孵化期待値は、
  • 1万歩グループで9匹//5千歩グループで11匹//それ以下グループは13匹
1店舗での平均孵化期待値は11匹となった。






(1)(2)の検証から、保育上の誘致数は1~3店舗が理想という見解にたどり着いた。
理由は、
  • タマゴを貰いながらの孵化厳選では、5000歩グループ以下ならば捌ききれること。
  • 1万歩グループの孵化はそうそう多くはないこと。
が挙げられる。
使わない店舗を置いておくのは勿体ない。
1~3店舗と振れ幅があるのは、個人のプレイングで差が出るため
それを以下で説明する




《1店舗》
孵化厳選に多くの時間を取らない人。
週に~3回、1度に2時間以内の孵化厳選がメインなのであれば、1店舗で充分。
孵化厳選をしなくても1店舗あると何かと便利ではある。
店舗分を超えたタマゴは孵化厳選しない空き日に孵化するなどすることにより1店舗でも充分回転を維持できる

《2店舗》
孵化厳選を日常的に行う人。
孵化厳選を週に3日以上2時間超えの厳選をするならば。
この場合も、店舗分を超えたタマゴは孵化厳選しない空き日に孵化するなどすることにより回転を維持できる
多くの人は1~2店舗で充分。


《3店舗》
休日などに長時間孵化厳選をする人、毎日2時間以上の孵化厳選を行う人、必要歩数の多いポケモンの孵化が主流の人。
孵化期待値は1日で33匹と多め。
ドラゴンなどの1万歩グループの孵化を頻繁にする人は3店舗欲しいところ。
1万歩グループの期待値は3店舗で27匹となり、余りの消化としては充分。
よっぽどハードな厳選廃人用。