ゆっくり実況とは

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆっくり実況とは、
所謂ゆっくりボイスを使った実況動画の事。
実況とはあるが、実際はアフレコである。
ゆっくり声で、さも"実況をしているような"動画。これがゆっくり実況の本質であると考えられよう。

ゆっくりしていってね!!!について

よく見る生首ではあるが、これは上海アリス幻樂団原作の東方Projectシリーズに登場する主人公格のキャラクター
博麗霊夢
霧雨魔理沙
この2名の頭部を描いたものである。頭だけなのはAA(アスキーアート)によって簡略化された結果であると思われるが、そのAAによる経緯については"ゆっくりしていってね まとめWiki"にて歴史を迫る記事があるのでそちらを参照されたし。

ゆっくりに声がついたきっかけ

ゆっくりしていってね!!!のAAが流行りだしそれなりに知名度を上げていたのだが、
M.U.G.E.Nというフリーの格闘ゲームシミュレータにて、この生首に声を宛がわられた格闘キャラとして登場した。
その時に使われたのが合成音声ライブラリであるAquestalkである。

ゆっくり実況の発端

一番最初にこのAquestalkのライブラリを使用した実況動画が、
"ゆっくり英雄伝説 空の軌跡FCをプレイしていってね!!! part1"
である。この時はこの声自体を"ゆっくり"として作られており、東方Projectの成分は無い。
そのうちAquestalkのライブラリ音声="ゆっくり"と認識されていくように。

ゆっくり実況プレイとゆっくり実況

そんなこんなで現在はゆっくり実況が増えていき、ゲームプレイ以外にも"ゆっくり車載","ゆっくり劇場","ゆっくり朗読","ゆっくり解説"等、たくさんの種類ができた。
それでもゲーム実況で使われることが多く、タグの棲み分けとしてゲーム実況でのゆっくり実況の事を"ゆっくり実況プレイ"とする様になっている。
ゲーム実況でタグに"ゆっくり実況"とするとほぼ高確率で"「ゆっくり実況」は脱字タグ"タグや、コメントで指摘が来るので注意されたし