ダメージブースト

目次
更新時バージョン:0.13.2292

ダメージブーストとは


ダメージブーストとは機体の総CPU量に応じて、その機体の武器が敵に与えるダメージにブースト(バフ)が付与されるシステムのこと。
付与されるブーストは機体のCPUが低いほど多く、機体のCPUが高いほど少なくなる。ブーストは最大100%(通常の2倍)で、最小0%(ブースト無し)。

機体のダメージブースト量はガレージ画面・Editモード画面の右上にあるスタッツパネルで確認できる。

ダメージブーストの他にも非常に似たシステムとしてヘルスブーストスピードブーストがある。
主にこれらのブーストシステムと合わせて、高耐久(高CPU)機体を耐久に特化させて火力を持たせないようにする一方で、低耐久(低CPU)機体を火力に特化させている。


CPU量に対するダメージブースト係数



CPU ダメージブースト係数
0 100%
250 98%
500 90%
750 80%
1000 60%
1250 39%
1500 23%
1750 10%
2000 0%


ダメージブーストを生かした機体の運用例


この運用はあくまでも例で、記事執筆時とは状況が異なる場合もあります。

最も極端な例として、スプリンターレッグに直にレールを乗せた機体がある。

仮に
  • Sprinter Hermes
  • Rail Impaler
の2種類のみで機体を作った場合のスペックは
CPU      :358
ダメージブースト:86.98%
耐久値     :198K

となり、プラズマは勿論、レーザーの一撃だけでも耐久が一気に減るが、普段の1.9倍近い攻撃力を誇るようになる。


基本的にはダメージブーストを大きくすればするほど、機体の耐久値は落ちていくため、いかに被弾を少なく出来るかが重要になる。
添付ファイル