Java


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Javaの環境設定


↓のリンクを開く




【Accept License Agreemen】承認を選択して自分の環境に合ったものをダウンロードする




大体の人はこの辺りだと思います




後はダウンロードしたファイルを実行してください


こんな感じのものが出来たと思います



次はJavaをPathに通してください。

  ↑お決まりの手順だと思ってください。

次に環境変数を設定します。
(失敗したこと無いのですが、失敗すると面倒なことになりそうなので注意してください。)
ここで必要な作業は、PATHという環境変数にjavac.exeなどのコマンドが存在する場所を設定することです。
この作業に誤りがあると、コマンドプロンプトでjavacコマンドを実行しても、
「内部コマンドまたは外部コマンド」というエラーメッセージから抜け出すことはできません。

コンピュータを右クリックして【プロパティ】を選択してください



システム詳細設定を選択してください。

 画面はwindows7です。



環境変数を選択してください




環境変数の設定画面が開きます



Pathを選択して、編集ボタンを押してください




Pathの編集画面が出てきます

「変数値」のところには何か入力がされていると思います。
これが現在設定されているPathの値です。最初から入力されている部分を消さないように注意して最後のところに
「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_45\bin;」を追加して下さい
(JDKをインストールしたディレクトリに合わせて設定する値は変更して下さい)。