虹村修造より

高尾へ

高尾っていったか…?まずは司会お疲れさん。
高尾はいつも笑っているイメージがあってしっかりしてるとはあまり思えてなかった。すまん。
だが、司会をやってるお前を見るとかっこよかったぞ。結構しっかりしてるんだなってな。
俺はいつものお前も司会の仕事を卒なくこなしているお前も好きだ。
会ったことねーけどこれからは俺もお前のそばにいてもいいか?
あんまり彼氏としては頼りねー俺だけどそばにいてもいいならうれしい。俺さ、高尾…お前のことが好きだ。

赤司へ

赤司...。俺さ、お前が副部長の時からお前のこと気になっていたんだ。
少しドジなところとか笑顔、全部合わせて今はお前が大好きだ。
今も思い出すと顔が赤くなるくらいお前が俺に対して笑ってくれたことがすっげーうれしい。
最後にもう一回。お前が大好き!