※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泉 こなた(いずみ こなた)
『らき☆すた』の主人公。

声優は「広橋 涼」(らき☆すた初代声優)
アニメ以降は「平野 綾」
・性別♀
・誕生日、5月28日(双子座)
・誕生石、エメラルド
・誕生花、ペパーミント
・年齢、16-19歳
・血液型、A型
・出身地、埼玉県
・身長、142cm
・利き手、両手利き
・好き、チョココロネ.萌え
・嫌い、もずく.スポーツ中継
・趣味、ゲーム(特にギャルゲー、RPG) アニメ.読書(漫画)
・好きな色、赤.黒
・免許.資格、普通自動車免許
・得意科目、体育(好きというわけではない)
・苦手科目、理系全般
「容姿」
膝まで届くほどの超ロングヘアで大きなアホ毛がある。
右目の下に泣きボクロ。
・髪の色、薄青紫
・瞳の色、ミントグリーン

・動物に例えるときつね(イタズラ好きだから)
・ハンドルネーム「konakona」
・所属、私立陵桜学園(1年?組→2年E組→3年B組)→大学
「キャラパラメーター」
学力「☆2.5」
運動「☆5」
オタク「☆5」
家事「☆3.5」
胸「☆1」(極小)

・その他、コスプレ喫茶で週数回バイト中。
小柄で貧乳、青い長髪とアホ毛を誇るロリな外見と、オタクでオヤジな性格とのギャップ萌えのキャラである
元々父子家庭なので料理 、家事も結構得意だが、お昼はチョココロネ三昧である。

「家族構成」
父親「そうじろう」
母親「かなた」(故人)
長女「こなた」☆

・初登場、episode1『活動開始』
1本目『つっぱしる女』1コマ目。

・住所「埼玉県幸手市北3丁目14番18号」

初期の物語からメインキャラ4人で構成されていたが、ほぼ彼女を中心に回っていた。
現在でももっとも出番が多いキャラである。
独特の魅力があり、インターネットの内外を問わず、小学生からおじさん、おばさんと幅広い層に人気がある。

2年までは父、泉そうじろうとの二人暮らしであったが、現在は従妹の「小早川ゆたか」
大学入学の際に留学生の「パトリシア・マーティン」との四人暮らし(そうじろう勝ち組)

ギャルゲー(18禁も含む)を少なくとも16歳の頃からやっているようだ。
絵はお世辞にも上手いとは言えないが、コンプティークやニュータイプなどに投稿し、徐々に上達してきてはいる。

2年の1学期に夏のコンプ祭に向けてコスプレ喫茶でバイトを始め、現在でも長きにわたり働いてる。
また涼宮ハルヒと声がよく似ているコスプレ喫茶店員としてよく知られる。

両利きで格闘技(合気道系)経験者の上、アミノ式の運動は全てできるなど運動神経は抜群なのだが本人曰わく、だるいのでやりたがらない。

ゲームに関しては凄まじいほどの記憶力を誇るがるが、人の顔はなかなか覚えられない。
体型に関しては気にしてはいたが、SHUFFLE!で「貧乳はステータスだ! 希少価値だ!」という台詞を聞いて自信を持ち、現在はこれ以上の成長については諦めている。

アニメイトにおいてはアニメイトとゲーマーズの両方で必ず同じものを買っていく「伝説の少女A」として、コミケでは彼女が買ったサークルは必ず大手に成長するという「伝説の少女A」として注視されている(アニメでの設定)

らき☆すたのキャラクターは初期設定では14歳だったが、コンプティークの読者層が高校生以上が中心のため、高校生に変更された。
また、こなたにもちびっ子という設定はなく、担当編集者の提案により付加された物である。
原作初期のこなたは現在のこなたとは若干キャラが違い「クールこなた」と呼ばれている。

顔文字は『(=ω=.) (≡ω≡.)で表される。
右下のほくろがポイント!

交友関係
・柊 つかさ
互いの呼び名は「つかさ⇔こなちゃん」
仲良し4人組の一人。
高校3年間同じクラス。
1年生の時につかさが外国人に絡まれているのを助けたのがきっかけで仲良くなった(ただ道を聞かれていただけだった)
つかさの料理には絶対なる信頼を置いている。

・柊 かがみ
互いの呼び名「かがみ、かがみん⇔こなた」
仲良し4人組の一人。
仲良し組みで高校3年間別クラスだった。
つかさ、みゆき繋がりで仲良くなった模様。
こなたがボケキャラ、かがみがいじりがいのあるツッコミキャラといった、作品を制作する上ではもっとも相性がいい。

・高良 みゆき
互いの呼び名「みゆきさん⇔泉さん」
仲良し4人組の一人。
高校3年間は同じクラス。
1年生の時につかさが桜藤祭の準備で手伝ってもらっているのをみてついでに手伝ってもらい仲良くなった。
歩く萌え要素としてとても尊敬しているため、さん付けで呼んでいる。
また勉強もよく教えてもらっている。

・小早川 ゆたか
互いの呼び名「ゆーちゃん⇔お姉ちゃん」
ゆい姉さんの妹(従姉妹)
現在は一緒に暮らしているため、最初は姉の威厳を保つよう努力していたが、そのうち無理はしなくなった。
それでも良いお姉として慕われている。

・岩崎 みなみ
互いの呼び名「岩崎さん→みなみちゃん⇔泉先輩」
ゆたかの同級生。
ゆたかの親友であり、また胸ぺったんガールズ(貧乳仲間)の一員だと認識している。

・田村 ひより
互いの呼び名「ひよりん、ひよちゃん、ひよひよ等⇔泉先輩」
ゆたかの同級生。
ゆたかに紹介されたところ、以前から買っていた同人サークルの人と判明。
その後はオタク仲間として親交を深めた。

・パトリシア・マーティン
互いの呼び名「パティ⇔コナタ」
ゆたかの同級生。
ドラマCDではこなたが2年、ゆたかたちがまだ中学時代の冬コミで出会い、なつかれる。
アニメでは同じコスプレ喫茶に務め、CDも出している。
原作ではこなたが高校卒業後に泉家にホームステイしている。

・日下部 みさお
互いの呼び名「みさきち⇔ちびっ子」
かがみのクラスメイト。
3年の時に改めて紹介され、しばらくして仲良くなる。
似たもの同士。
同じ大学の同じ学部に進学したことが判明し、以前にも増して仲がよくなる。

・峰岸 あやの
互いの呼び名「峰岸さん→あーや⇔泉ちゃん」
かがみのクラスメイト。
3年の時に改めて紹介される。
近くの大学に進学したことが判明し、最近は一緒に行動することも増えている。

・黒井 ななこ
互いの呼び名「黒井センセ⇔泉」
高校での担任。
高校3年間は同じクラスを受け持った。
ネトゲ仲間で友達のような関係。
ゲームの貸し借りもしている。

・成実ゆい
互いの呼び名「ゆい姉さん⇔こなた」
父方の従姉。
幼い頃から面倒を見てもらったりなどしていたらしく、仲がよい。
ただ、ゆい姉さんのいい加減さにはちょっとあきれている。
旦那のきー兄さん(成実きよたか)のことはよく知らない模様。

・八坂 こう
格ゲーにおいてこうが一方的にライバル視していたが、こうは卒業式においてこなたが先輩であることをしり、その後こなたが陵桜学園を訪れた際に互いに面識を持つ。
ちなみにこれまで面識があるのは桜藤祭の一部のルートのみだった。
その際は「先輩と呼ばれていた」

・泉 そうじろう
互いの呼び名「お父さん⇔こなた」
父親。
子供の頃から晴海時代のコミケに連れて行くなどしてこなたを重度のオタクに鍛え上げた。
一緒に格ゲーををやったりエロゲーの話をしたりなど仲がよい。

・泉 かなた
互いの呼び名「お母さん⇔こなた」
母親。
幼い頃に他界したためよく知らない。
しかしアホ毛を除けばそっくりになるように髪を伸ばしているらしい。
父親曰わく「抱っこした感じが、かなたに似てきたとのこと」