※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



青(あお)

2010年11月3日、某診断メーカーにて早村友裕が作成しブログに載せたキャラクター。
隻眼隻腕、青髪。
夜叉のような赤い目をした盗賊の少年。
母はヒト族の此糸、父は夜叉族の月白であり、ハーフ。



概要

キャラクターデザイン:早村友裕
年齢:10代
性別:男
種族:夜叉人間

CV:李仁古




人物像


「めんどくせぇ」が口癖。

頭の回転が速く、物事や状況を把握する能力に長けている。
左手だけて扱えるよう手にしている刀は抜身のまま。

厄介ごとにはできるだけ関わりを持たないようにしているはずだが、いつも何か面倒に巻き込まれる。
なんだかんだで、相棒の耶八には甘い一面もある。


一番の特徴は右腕と右目がないこと。
親友である耶八(でこぱち)に持って行かれたという設定があるが、
そのときの様子は賽ノ地青嵐抄のサイドストーリーである
賽ノ地青嵐抄-始まりの日-(作者:緋花李)の第七話から第八話にかけて描写がある。
右耳も欠けているが、これには母親が関係しているらしい。

服装は黒い袖なしのパーカーに赤い着物を羽織り、黒いズボン、足袋。
首元に謎の黒い輪があるが、作者にも紙芝居でも、度々描かれるのを忘れられる。


賽ノ地青嵐抄【賽ノ地編】で直接的な描写はないが、夜叉族の血を引いている。
そのこともあり、どんな場面でも物事を常に頭で分析する能力に長けている。
しかし一方で、考えすぎることで行動が一歩遅れることに、もどかしい思いを抱いていたりする。(第十八話など)

「めんどくせぇ」が口癖だが、面倒ごとに巻き込まれることが多く意外と面倒見が良い。
DVDの特典である短編(未公開)では、まるで義賊のように人助けをしたこともある。
盗賊という肩書きではあるが、それらしいことをしている描写はない。
唯一、第三話にて耶八が代金以上の団子を風月庵から奪ってきて、それを青も口にする場面がある。



来歴


生まれは江戸
此糸夜叉族の父月白との間に生まれる。

幼い頃に捨てられ、北倶盧洲のあちらこちらを転々としながら一人暮らす。

いつしか、同じく浮き草であった耶八と出会い、賽ノ地へ移動。
そこで、右腕と右目を失くし、きさらに治療を施され一命を取り留める。
そのまま賽ノ地に居ついてしまった。

(賽ノ地編)
かつて江戸の隠密であった奇妙斎のせいで羅刹城云々のいざこざに巻き込まれ、何故か賽ノ地の為に江戸のスパイ活動を行う事になってしまう。

(江戸編)
賽ノ地町奉行近松景元の命で江戸に向かったのだが、江戸での経験を通して自分には知識と見識が不足していると感じ、夜叉族の里へと向かう事になる。



添付ファイル