在宅介護のパートナーとなるケアマネージャーの仕事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケアマネージャーにはどのような役割が求められているのでしょうか。
ケアマネージャーは要介護者に介護サービスの計画をつくり、介護サービスの施設との連絡や調整を行います。

在宅介護は、初めての人にはわからないことばかりです。
要介護者やその家族は、どのような手続きをする必要があるのか、どのようなサービスを利用できるのか、よくわからずに不安な毎日を送っています。

ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの仕事で一番大切なことは、在宅介護をうまく進めるために在宅介護のパートナーになることなのです。
ケアマネージャーはどのようなサービスがあるのか、自分はどのようなサービスを受けるべきなのか、またはサービスにはいくらぐらいの料金がかかるのか、あらゆる質問に答える必要があります。

また、要介護者の家族は、どうしたら介護をうまく進められるのか不安に思っているでしょう。
ケアマネージャーの仕事は家族を支えることも一つです。

在宅介護の上での初歩的な疑問から一歩進んだ難しい質問まで、ケアマネージャーとして正しい答えを出すためには、介護や医療について専門的な知識を持つことが大切です。
ケアマネージャーは在宅介護のパートナーとして、頼りがいのある存在でなければならないのです。