カトブレパス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その頭はあまりにも重いため、うまく支えることができない。
それゆえいつも頭を地に垂れているのだが、そうでなければ人類は破滅していたかも知れない。
なぜなら、カトブレパスの眼を見た者は即死するからだ。
――Pliny the Elder "Natural History"

ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。

No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
203 魔獣 カトブレパス - - 後攻
耐石化
カトブレパスの瞳
シールディングエコー(潜在)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
203_catoblepas_0g1.jpg 原種 Lv.1 2900 800 1000 400 800 100 虚耐性20 眩暈耐性10
睡眠耐性5
恐怖耐性7
Lv.50 4584 2000 2500 1000 2000 250
203_catoblepas_1g1.jpg 亜種1 Lv.1 3000 900 1100 600 900 200 虚耐性30
Lv.70 5196 2700 3300 1800 2700 600
203_catoblepas_2g1.jpg 亜種2 Lv.1 3100 1100 1100 400 800 100
Lv.70 5369 3300 3300 1200 2400 300

Illustrated by dys


入手方法


備考

  • 古代ローマの大プリニウスが著した『博物誌』に記述されている、西エチオピアに生息されるとされる動物→wiki
  • ナイル川の源流と信じられていたニグリスという泉のそばに生息する
  • その他の特徴は概ねフレーバーテキストの通り
  • イラストは、19世紀の小説家フローベールの『聖アントワーヌの誘惑』の描写を元にしているのだろう
    • ここでは、垂れた豚の頭、水牛の体、腸の様に細長い首を持つとされる


コメント

名前:
コメント: