眼科医助手法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今はなき、THEBBSにおいて紹介された方法。

眼窩脂肪を取り除く


眼窩脂肪を目のすぐ外側の下方向へ流れている血管へと押し流すことで改善させる方法がまず1つ考えられます。 

ただし、眼窩脂肪は生着が強く、瞬時に移動させることは極めて困難なため、かなりの時間を要すことでしょう。

そのため、事前に眼窩脂肪を分離させてから押し流さないと効果はほとんど無いと思われます。

押し流し方ですが、洗顔時など洗顔料を使い滑りの良い状態のときに行うのが理想です。

まず目を完全に閉じ、人差し指を目頭先端のマブタに軽く当て中指を添えます。

そして、人差し指と中指を同時に目尻へ向かって脂肪を押し流すように軽い力でマブタ上を移動させます。

眼窩脂肪を上手く分離でき、移動させることに成功できたならば、

脂肪は血管の血流に呑まれて流れ出ていくことでしょう。

また、朝夜の洗顔時に行うだけでも眼窩脂肪の蓄積予防になります。


上眼瞼挙筋のトレーニング


1,できるだけ長い時間、軽く睨む程度に力を入れながら目を少し大きめに開き続ける。

  • まばたきは、ゆっくりとおこなうように心がけましょう。

  • まばたきをしたくなっても我慢せず、
    兆候を感じたときにすぐ行うようにします(反射による素早いまばたきをを防ぐため)。

  • 浴室などの、なるべく湿度の高い場所で行うと乾燥によるまばたきを防ぐことができます。

2,できるだけ長い時間、軽く力を入れながら目を閉じ続ける。

日常生活においてできること


  • 普段よりも、大胆にハッキリとまばたきをするようにします。

  • 困った表情の時など、眉が下がり気味のまま目だけを大きく開くようにします。

  • 常に上眼瞼挙筋の枝分かれを意識して目配りをするように心がける、等々。

いずれも目が険しくならないように、優しい雰囲気の目をしておこなうと良いでしょう。

眼科医助手法 についてコメントしてください。

名前: