※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bus


概要

車体:大型路線バス
分類:サービス
会社:BRUTE
和音:バス
ドア:2箇所
駆動:4WD
運用:LOS SANTOS TRANSITJiff RentOLYMPIAN RENTALS
実車:NABI 45C-LFW、40C-LFW、ラピッドトランジットシリーズ(RTS)
推定年式:2004~2013年

解説

ロスサントス市内を走る路線バス。
前作、GTA4ではミッション以外で街中を走っていることは殆どなかったが、今作ではロスサントス市内で非常によく見かける存在に。

一般車と同じ扱いらしく、市民の運転するバスは運転が手荒。また深夜3時と言ったおそらく最終バスが終わったであろう時間帯でも客を乗せて出現することがあるので、一般車と扱いは変わらないようだ。

現実のロサンゼルス郡都市圏交通局のバス(メトロバス)と同じく、オレンジ、赤、青の3色が存在。
またそれにプラスして何故かエメラルドグリーンの車両も登場する。

なお、実際のLAにもエメラルドグリーンを除くすべての色が存在しており、それぞれ

赤:急行路線バス
青:急行バス
オレンジ:路線バス

となっている。ただし、今作でも客として乗ることは不可能であり、カラーリングはあくまでバリエーションの一つに過ぎない。

出現率はどれも変わりないが、赤≧オレンジ>青>>緑の順番で出現率が変わっていると思われる。

オンラインでは50万$で購入・保有が可能。通常出現もするが見かける機会は少ない。
Airport Busはさらに5万$高く、55万$となっている。

行先表示はどの個体も「DOWNTOWN」で固定。ただしエアポートバスに限り行先表示は「L.S.I.A.」となる。L.S.I.A.とはLos Santos International Airportの略称。

余談だが、GTA3、GTA:VC、GTA:LCSに登場したBusはボンネットタイプのスクールバスのような形状で、耐久力はあまり高くなかったが、GTA:SAにてモデルチェンジを果たし、観光バスをモデルとしたものになった。
GTA4では削除されたCoachの意思を受け継ぎ、性能は比較的高めであった。今作でも性能は比較的高いと思われる。

特別仕様

エアポート

通常仕様との違いはボディサイドにあるサイドマーカーの有無。
運用はLSTではなく別の会社。
イエローの車体にグリーンのストライプが入るJiff Rentと、ホワイトの車体にグリーンのストライプが入るOLYMPIAN RENTALSの2種類が存在する。

ランダムレアカラー

トレバーのサブミッション「バインウッド土産:アル」に登場。
固定で1か所この車両が沸くポイントがあり、ランダムで黄色や深緑、レーシングブルー、グレー等が出現。クリエイターでも色の変更ができない車両なのでここでしか見れない貴重な車両。
ミッションリプレイではないのならこの車両に乗り込んだ後、ミッション失敗後、リプレイせずにキャンセルすれば乗ったままなので持ち帰り保管も出来るがタイミングがややシビアなので注意が必要。

画像

上:赤
下:青

オレンジ

エメラルドグリーン

エアポートバス(OLYMPIAN RENTALS

エアポートバス(Jiff Rent


実車

Rapid