能力値の決定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここからは『全てを一から作成する方法』でPCを作成する方法を順番に説明していきます。

■能力値について
まずは、キャラクターの特徴を大まかに表す能力値を決定します。
能力値は3つに分かれており、それぞれ以下のような特徴を持ちます。

●肉体
肉体の頑健さ、筋力、丈夫さなどを表します。
肉体を使って戦闘をする為には最も重要な値となります。
またどれだけ相手の攻撃に耐えられるかにも影響します。

●技術
手先の器用さ、俊敏さ、勘の鋭さなどを表します。
射撃を用いての攻撃、回避の他、器用さや反射神経を用いる多くの行動のベースとなる能力値です。
また直感的な判断力や知恵の部分も司り、それらがベースとなる行動にも影響します。

●知能
頭の回転の速さや、記憶力、知識量の良さなどを表します。
物を知っているか否かや、記憶を使う行動に影響する他、戦闘で先手を取れるかや、“ 魔術” の使用等にも影響します。

■能力値の決定方法
能力値はそれぞれの能力値に対しダイスを振って決定します。
2dのダイスを振り、その出目に対応して能力値が決定されます。
能力値に対し2dの出目が2、3だった場合、その能力値は1となります。
能力値に対し出目が4、5だった場合、その能力は2となります。
能力値に対し出目が6、7、8だった場合、能力値は3となります。
能力値に対し出目が9、10だった場合、能力値は4となります。
能力値に対し、出目が11、12だった場合、能力値は5となります。
以上を表にすると次のようになります。
出目 能力値
2・3
4・5
6・7・8
9・10
11・12

■能力値の入れ替えと振り直し
三つの能力値に対してダイスを振り終わった後、能力値が気に入らなかった場合、
一つの能力値を一度だけ振り直すか、二つの能力値を入れ替えるか、
その どちらか一方 を一度だけ行うことが出来ます。
ただし、振り直した結果、能力値が元の値よりも下になっても、再度振り直しは行えません。
振り直しを行う場合は慎重に判断することをおすすめします。

■能力値の記入
能力値が決まったらキャラクタシートに忘れずに記入しておいてください。
キャラクターシートは巻末の付録に掲載されています。
そちらをコピーすることによってすぐに記入できるキャラクターシートを作成できます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。