2010-09-26-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

13 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:41:10 ID:+lQv6Fcr0
とある休日の夕方、僕たちはいつもの3人で遊ぶ約束をしていたのだが……

――PM19:00。都内某所。

植田佳奈ちゃん「よっ!(肩をポンっと叩いてくる」

あ!佳奈さん。(やっと1人来てくれた…) こんばんはー!
植田さん「あれ?お前だけ?」
はい。涼ちんはまだ来てないですね…
植田さん「あそうなんだ?珍しいわねぇ。いつもは待ち合わせの10分前には来てるのに…」
ええ。だからちょっと心配していて…。一応ですね、メールも送ってみたんですけど…
植田さん「反応なし?」
いえ、返信は来るんですけど…、、何故かエラーメールなんです……
植田さん「えっ」
おかしいなって思って何度か再送してみたんですけど、、
植田さん「ダメ?」
はい。。ひょっとして、センター側で通信が切断されてるんでしょうかね?
植田さん「うーん…」
それとも……(まさか、涼ちんに何かあった、とか?いや、そんなこと考えたくもない……)

植田さん「…電話は?」

へ?
植田さん「電話はしてみたの?」

あっ……(携帯電話のボタン押しを止める

そ、それ!すすっかり!すっかり忘れてました!そ、そっか!その手が!メールが届かないからってんで、メールのことばっかり考えてて……(大慌
植田さん「ったくぅ! んなことだろーと思ったわ。ほら、かけてみなよ電話」
で!ですねっ!…えと、涼ちんの電話番号は……っと、、090の……

植田さん「あ」

14 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:41:54 ID:+lQv6Fcr0
…ふぇ?

植田さん「要らぬ心配だったみたいよ、ほらっ(右を指差」


広橋涼ちゃん 「ご、ごめーん!2人とも!遅れちゃったよ~~><(早歩きで手を振りながらこちらに向かって来る」


おあっ!涼ちんッッ!!!(声デカ
植田さん「やっほー涼ちゃん(冷静」

涼ちん「はぁ……はぁ……(息切れ。わわ。4分も遅刻しちゃったよー……ごめんねぇー…(腕時計を確認」

いやいやいや!涼ちん!4分くらいどうってことないよ!ね!佳奈さん!
植田さん「んぁ?ああ。私は別に問題ないけど。でもお前はかなり焦ってたじゃんよ。メールが届かないー届かないーってさw」
だ!だって!メールが届かなくなっちゃうなんて!今までこんなことなかったんですもん…!
植田さん「いやー、それにしたってお前さぁl、心配性にもほどがあるんじゃないのー?ねぇ涼ちゃん?」

涼ちん「あははw そっかぁ。君は…私のこと心配してくれたんだー?(笑顔」

だ、だって……(羞恥
涼ちん「ふふふっ。どうもありがとっ(頭を撫でてくれる、でも大丈夫だよ。私。メールアドレス変えただけだから♪」

植田さん「あ~。それでか~~(納得」
な、なるほどっ。道理でメールが届かないわけだ……

涼ちん「心配させてごめんねぇ。さっき変えたばかりだからまだ一斉送信してなくてさっ。今すぐ2人にも教えるよっ♪」 ←なんだか楽しそうな涼ちん

うん!ありがとう!涼ちん!!
涼ちん「あ。でも。立ちながらってのもなんだし、何処かのお店で一息いれてからのほうがいいかな?」
植田さん「んだね。そうしよそーしよ」
んでは、近くの喫茶店に入りましょうか!涼ちん!佳奈さん!

15 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:42:16 ID:+lQv6Fcr0
――とある喫茶店

涼ちん「―というわけで。これが私の新しいメールアドレスです♪送信っ♪」

 ~赤外線通信でメルアドを送信する涼ちんと受信する僕と佳奈さん~

涼ちん「完了、かな?届いてるー?」

植田さん「うん、おっけーだよー」
ばっちりだよ!涼ちん!

涼ちん「へへ。良かったー♪ふふふ♪」 ←やたら楽しげにしてる涼ちん

植田さん「おや?涼ちゃん。今日はなんか機嫌良さげだわね」 ←と、それを察知する植田さん

涼ちん「え?そう?そうかな?そう見えちゃう?うふふふ♪」
植田さん「何か良い出来事でもあったのかしらぁ~ん?」
涼ちん「えへへへ。実はねー……」

ブー!ブー!ブー!(バイブ音

涼ちん「わ!電話だ…ご免ね2人とも。ちょっと出てきていい、かな?」
植田さん「うん。どーぞー」
涼ちん「ごめんね。じゃあちょっと出てくるよ。行ってきまーす♪」
いってらっしゃい!涼ちん!

 ~電話をするために席を外す涼ちん~

僕と植田さん「……」

ねぇ佳奈さん…
植田さん「うん?」

16 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:42:58 ID:+lQv6Fcr0
さっきの涼ちん。何を言おうとしてたんでしょうかねぇ?
植田さん「うーーん。たぶん…何かしらの朗報だとは思うんだけど……」
ああ…。確かにやたら上機嫌でしたもんねぇ…
植田さん「お前は?何か思い当たる節ある?」
いんや……これといって特には……
僕と植田さん「うーーん…(考え込む」

植田さん「ひょっとして……」

……?
植田さん「変更されたメルアドに何か関係がある、とか…?」

…ぇえっ。いやぁ、、、、その腺はどうですかねぇー…。僕は…ただの業者避けだって思いますけど
植田さん「まぁ、普通はそうだわね」
はい。
植田さん「でもほら。例えばね。変更されたアドレスに何かヒントがあったりィーとか…」 ←携帯を弄り始める植田さん
ま、まさかぁ~…そんな安直な… (といいつつ携帯電話のアドレス帳を調べてみる

 ~調べてみると、以下の登録内容がディスプレイに映し出される~
登録名 廣橋涼
電話番号 090-****-****
メールアドレス makin_ryo_lovelove_forever0926@domomo.co.jp

植田さん「…む?メイキン?涼、ラブラブ、フォーエーバー…?9月26日……こ、これって、、」
いゃ、佳奈さん?いやいやいや!ちょ、ちょっと待ってくださいよ!? な、ないですって!単純すぎますって!
このメルアドだけで!誰かとラブメイキングしたって言うんですか!? そんなバカな!
植田さん「あの子…純粋な子だからねぇ……」
いやでも!

涼ちん「ただいま~♪ごめんね、ちょっと電話長くなっちゃったよ♪」

りょ!涼ちん!こ、このメールアドレスについて聞きたいことがあるんだけど!! (涼ちんが着席する前に慌てて携帯電話のディスプレイを提示する

17 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:43:29 ID:+lQv6Fcr0
涼ちん「ありゃま。見つかっちゃたかー」
見つかっちゃったって!?ま、まさか……?

涼ちん「うん/// 実はね……」

僕と植田さん「……??」

涼ちん「広橋涼。33歳。恋人、、、出来ちゃいました……(照」

え、、、、、、、、、、、、、、、、

えーーーーーーーーっ!!!!!!?(店の中で大声

涼ちん「あはっ。驚かしちゃったかな?(顔真っ赤」

い、いや……驚いたというか……なんと、いうか……
植田さん「おおーー!おめでとう涼ちゃん!」
涼ちん「ふふふふ。ありがとう植田さん。実はね、今電話で話してた人もね、その彼なんだ…///」

………ッ(呆然
植田さん「……」

植田さん(…おい。おいっ!)  ←僕にだけ聞こえるように内緒話をしてくる植田さん
(ぇ、ぇ、はい?)
植田さん(なんだよお前、何そんな驚いてんだよっ)
(い、いえ……驚いているというか……ショックというか……)
植田さん(ハァ?お前まさか、涼ちゃんのことが好きだったの?)
(いえ!僕ははやてちゃん一筋ですよ!ただですね、なんていうんですかねぇ…娘を嫁に出す父親の心境といいますか……)
植田さん(ハァ…?)
(と!とにかく!僕は!交際相手を見るまでは!涼ちんの交際に断固反対です!)

涼ちん「あのぉー。2人とも?」

18 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:43:53 ID:+lQv6Fcr0
植田さん「あ、ごめんごめん涼ちゃん。こいつが気になることがあるってんでさぁ」

涼ちん「うん?なーぁに?(首傾げ」

ねぇ涼ちん、その相手の人なんだけどさ……。どんな人、なの?

涼ちん「うん。会社員の人だよ。私より10歳くらい年下なんだけどね///」
植田さん「へぇ~。年下の彼氏なんだ~、って、お前と同じくらいなんじゃね?」
……。(やっぱりあのmakinって……メイキンじゃなくて、、、いや、でもそんなことって……ありえるわけが……)

涼ちん「大丈夫ぅ?(顔をのぞいてくる」

りょ、涼ちん!!!

涼ちん「はいっ(驚いたような返事」
その交際相手に会わせて欲しいんだけど!ダメ、かな!?

涼ちん「うえっ?」
植田さん「何を言い出すかと思ったら……そんなのダメに決まって……」
涼ちん「うーん、たぶんダイジョブだと思うよ、彼、声優さん大好きだから。植田さんにも会いたいと思うし……」
(声優好きっ……だと?)

植田さん「ああ。そうなんだ。涼ちゃんが選んだ人だもん。きっと常識のある人なんだろうね。涼ちゃんがOKってんなら私も会いたいなー」
涼ちん「うん。じゃあ今度連絡してみるよっ」


こうして僕と佳奈さんは、涼ちんの交際相手と会うこととなったのだが……
僕にはあるひとつの懸念があったんだ。
あのメールアドレス、makin_ryo_lovelove_forever0926@domomo.co.jp
最初の節のmakin、あれがもしメイキンじゃなくてマキン……大学生活板にいる魔金さんだったとしたら………
魔金さんの異常性癖に……涼ちんが…ついていけないかも…しれない……
だから僕は……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。