首狩り隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

首狩り隊(ポルトガル語でChefe de caça-unidade、C.C.U.)はラミビア共和国解放軍(反乱軍)の組織した反政府武装勢力。
指揮官は反乱軍指揮官ワデン・オガカ中将の腹心、オゼン・ワデス大尉。

民間人を虐殺、強姦、誘拐などの非人道的行為位を働いており国連軍はワデスに1万ドルの懸賞金をかけた。
人員は反政府軍で構成される他、少年兵を多用する面もある。

前述のとおり誘拐行為を働いており、主な被害者は少年少女である。
過去のアフリカに習い、少年は麻薬漬け(弾丸火薬による麻薬や外国輸出を目的とした麻薬)にして洗脳。少年兵にし、少女らは弄んで殺害されるか少女兵にされるか売り飛ばされる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル