トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いわゆるED症状が出て10年になります

10年ほど前から明らかに勃起力が低下してきました。いわゆる【中折れ】という症状が出ます。

ただ、最近では、膣口に入れること自体が結構大変で、ねじ込むように挿入しています。

しかし、そういsて挿入したものの、中で完全にだめになり、そのまま復活することはありません。

男にとってこれは深刻な悩みですし、自信を失いいますよね。

これまでは年のせいだと諦めてきましたが、そろそろしっかりと治療をしようかと考えています。

ネットで良い医者を検索する毎日です。


男性ホルモンの補充

男性の更年期障害は男性ホルモンのテストステロンの分泌の減少が原因ということが多いです。

なので男性の更年期障害と訴える患者に対しての医療機関での治療法は男性ホルモンの補充療法、
すなわち減少しているテストステロンを補充するために注射を行うことが一般的です。

しかしながらこの治療法を適応するのは比較的、更年期障害の症状が重いと考えられる人とか、
検査によって血中のテストステロンの値が低い患者にほとんど場合はがぎられます。


スキンシップ好きな旦那。

昨年結婚をしたばかりで、夫婦関係は円満です。けれど、悩み事がひとつ…。

旦那は、ベタベタしたがりで体はしょっちゅう触ってくるし、抱きついてくるし
忙しい時なんかはちょっとイラッとするほどです(笑)
ですが、夜の営みとなると、1週間に1回ほど、時間も1時間しないぐらいです。

じゃあなんで、こんなにベタベタするんだろうと疑問でした。

その理由が判明したのが、子作り計画を始めたとき。彼はどうやら、遅くて薄い人だったみたいです。

薄い体質の人はスキンシップすらないようなんですが、稀に彼のようなタイプもいるんだとか。

原因がわかったので、現在赴任外来に通って精力促進の治療中です!