ハイジャル・ダーウィン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「不可能??面白い!!!!科学者は『不可能』を『可能』にする生き物なんだよ!!!!!」

【名前】 ハイジャル・ダーウィン
【読み方】 はいじゃる・だーうぃん
【登場作品】 HUNGRY JOKER

【詳細】

通称・「ハイジ」。
白衣を纏った小柄な少年で、多くの発明品を作っている天才児。

幼い頃声帯に以上が生じ大声が出せなくなったことから、それをカバーするために装着すると大声を出せるようになる叫べマスクを開発しカバーするなど、
できないことをできるようにすることへの意欲が強い。

特殊なOウイルスに感染し治療にあたった者達も匙を投げるほど深刻な症状を発症したが、それを克服するための手段を自力で探し出し、「一日一体新鮮な進化生物の細胞を摂取する」ことで命をつなぐ方法を確立する。

しかし其の条件でも余命リミットを24時間にリセットするのが精一杯であり、普段から何かにつけて吐血し体調が悪いと指一本動かせない状態になるなど、命の危険が完全に消えるわけではない。

自身の発明品である余命数えタイマーにより常に余命を確認できるようにし、さらに自分を侵食しているOウイルスの侵食ベクトルを外部に開放することで驚異的な戦闘能力を発揮する餓戦闘科学者【ハングリージョーカー】という戦闘モードを開発するなど、
生きるためにあらゆる方法を模索し続けている。

【連載版】

記憶喪失の天才児。万有引力の法則を発見したニュートンのリンゴの覚醒者。

読切版の設定は彼の名前のみであり、光る死体が一面に広がる謎の光景のみ。
また奇妙な紋様が入った黒いりんごを所持し、いくら削っても自然再生するりんごの謎に迫るうちにあらゆる知識を習得したが自分の生い立ちとりんごの正体に関しては何もわからなかった。

ニュートンのリンゴに適応し、かじって飲み込むことで周囲のあらゆる重力を自在に操作する能力を得る。

自分の失った記憶とその正体を探すためホワイトジョーカーへの加入を決めた。