トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロシア革命(ロシアかくめい,
露: Русская революция ルースカヤ・リヴァリューツィヤ,
英: Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の
革命のことを指す名称である。これに対し、ロマノフ朝の絶対専制(ツァーリズム)を
維持する政府は社会の変化に対し有効な対策を講じることができないでいた。
1881年には皇帝アレクサンドル2世が暗殺されるなどテロも頻繁に発生していた。
ナロードニキ運動を継承して農民の支持を集める社会革命党(エスエル)と
共に積極的な活動を展開し、第一次世界大戦においてドイツ軍による
深刻な打撃(1915年 - 1916年)が伝えられるとその党勢を拡大していった。