カルピンとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カルピンとは、N0-エヌゼロクライアント界隈の四皇の内の一人である。

カルピン-KARUPIN
生年月日:1990年2月22日
職業:アイドルオタク、アイドルプロデューサー
趣味:N0-エヌゼロを追っかける、絵を描く
特技:卓球、フラフープ、一輪車、空を見る
配偶者:なし
彼女:あり



経歴
2006年 - 第1回インターネットのオタクコンテスト でグッドモンスーン賞に選ばれ、リスキープロモー ションに所属する。

2006年-秋葉原AKB48劇場に入場し、最古参となる。

2006年-フラワーアレンジメント資格取得

2007年 - 秋葉原電気街キャンペーン に出席し、イベントを盛り上げる。

2007年-漢検1級、師範代となる。

2011年 -映画「もし野球部のマネージャーがドラッカーを読んだら」に出演。

2011年 - リスキープロモーションを離れ、AKBN0(現在はN0-エヌゼロ)の応援に専念する。「きちぃさん」から「カルピン」へと名義変更して活動。同年、トップクライアントとして名を馳せる。

2011年-AKB48の伝説的な古参ということで、秋元康からのラブコールにより、岡村氏〔優子To〕とカルピンとでの対談が実現した。

2012年-フラップガールズスクールなど、他の地下アイドルの現場に行くようになる。

2012年-AKB48はオワコンだと公式に非難し、ブログやTwitterが炎上、ある男に襲撃されるという事件が起きた。

2012年-卓球アマチュアジャパンカーニバル2012のファイナリストに選出

2012年-N0の10期生の選考に応募したこともあり、多くのN0ファンは喜びに明け暮れた

2013年-アロマテラピー検定2級を取得

2013年-吉川コトノンことの、の最後の交流会で打ち合わせの歴代最高記録96000円で落札した。

2013年-アイドルプロデューサーになる為に本格的に勉強を始める。

2014年-1月13日に行われた5thシングル立ち位置国民投票で1800票後半のうちの900票以上を赤松ミオミオ美音に投票し、見事赤松が1位になる。このことがクライアントの間で話題騒然になり、四皇としての地位を確固たるものとした。



人物
本名は明かされず、原山、田岡、有田もしくは馬沢じゃないか?と色々推測はされているがいずれも定かではない。今では尊敬と親しみを込めて「カルさん」と呼ばれることが多くなった。
性格は温厚で喧嘩を好まないが、胸の奥にN0-エヌゼロのことなら誰にも負けることはない熱き情熱を秘めている。AKBN0、二北やあやななどのトップクライアントとして、また四皇の内の一人として名を馳せた後も初心を忘れず、新規の人間に優しくN0-エヌゼロの全てを広める広報活動をしている。N0-エヌゼロの現場で見かけたら神のように崇められることから、まさにN0-エヌゼロ界隈の生きる伝説である。ちなみに平嶋夏海がいるときまではAKBオタだった。

名言
「俺はN0と共に生き、N0と共に死ぬ」

動画