ユウキ興産株式会社


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユウキ興産株式会社

会社概要

会社名 ユウキ興産株式会社
資本金 1,000万円
創業 昭和51年5月
設立 昭和60年2月1日
代表者名 代表取締役 中村義光
住所 大阪市東住吉区照ケ丘1丁目1番4号(ユウキ興産ビル)
電話番号 06-6797-0002(代表)
Fax番号 06-6797-0056
開発商品 平成9年/セラミック外壁材(セラグランデ)/システムバス(ハピネス)平成10年/瓦用(ガードルーフ)
平成12年/セラミック外壁材(セラグランデX)
平成16年10月 光触媒U・スーパーコート
取引銀行 UFJ銀行 針中野支店
三井住友銀行 駒川支店(当座)
近畿大阪銀行 針中野支店
信販会社 サンヨークレジット株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
セントラルファイナンス


施工事例

■光触媒塗装施工事例1
築年数・・・30年  
形態・・・壁:モルタル面  屋根:カラーベスト
塗工面積・・・250㎡ 
屋根面積・・・140㎡
工事金額・・・塗装工事 230万円(税込み) 屋根葺き替え工事 280万円
工事内容・・・外壁:光触媒塗装塗装、屋根:(セキスイ)ニューメタル葺き替え工事
完工日・・・平成19年4月27日
■改修の動機・困っていた点
外壁にクラック、以前塗装した塗膜のはがれがありました。10年前に塗装し直したのですが、こんな風に剥がれてきてしまうとはその時は思いもしませんでした。
また屋根も30年を経てすっかり色も変わり焼けていて、2階の部屋に住む息子の「暑い!!」の声に葺き替えを決断しました。
■お客様の声
以前より何社もリフォーム屋さんが声をかけてくれていました。しかし、10年前の外壁のリフォームをした時の「安かろう・悪かろう」の工事に不満があったので、家に手を入れることに踏み切れずにいました。
ユウキさんの見積もりは決して安くはなかったのですが、光触媒塗装の魅力と詳しい工事内容の説明を受け、今回お願いすることにしました。

■光触媒塗装施工事例2
築年数・・・33年位  
形態・・・モルタル面 
塗工面積・・・前面 40㎡・側面 160㎡
工事金額・・・90万円(税込み)
工事内容・・・前面:外壁光触媒塗装塗装、側面:DANユニ塗装
完工日・・・平成19年1月 
■改修の動機・困っていた点
昭和58年頃から外壁の手入れを全くしておらず、外壁のクラック・剥離がありました。最近では漏水もあり手入れしないといけないなと考えていました。近所で工事をしていたので、施工現場を見に行きました。職人さんに声をかけられ感じがよかった事と、予算に合わせた提案をしてもらったので、ユウキさんに決めました。
■お客様の声
本当なら全部光触媒塗装塗装を使いたいところですが、予算の問題で前のみ光触媒塗装を使用し、側面をアクリル系塗料をつや消しにして塗装してもらいました。何年後かにどのくらい違いがでるのか気になるところです。外壁面のクラックの補修もしてもらい、今は新築のようになり予想以上の仕上がりに大変満足しています。

■光触媒塗装施工事例3
築年数・・・12年  
形態・・・モルタル面 
塗工面積・・・270㎡
工事金額・・・286万円(税込み)
工事内容・・・外壁、光触媒塗装塗装  屋根、クールタイト塗装、ウッドデッキ、キシラデコール塗装
完工日・・・平成18年6月 
■改修の動機・困っていた点
仕事の関係でメキシコで住んでますが、今回、三田の家が気になり、一時帰国してお家のお手入れをするのと、ウッドデッキを新しくする為に外した後の塗装面が気になっていました。それと、5年前にシリコン系の外壁の塗装をしたのですが、この地域は、ワシントン村と呼ばれる地域がら、1件、1件のお家の間隔が広く日当たり良好で外壁面と屋根の色あせと、前施工業者の塗り残しが気になっていました。また、町並み保全で外壁屋根等の色合いにも制限があり、なかなか施工までたどり着くのがたいへんでした。
■お客様の声
今回、ユウキさんに出会って、TOTOの光触媒の機能を持った外壁塗料がある事を知り塗料自体の耐久性や北面の外壁に発生していた藻・カビができにくいという事と、この滞在期間内で迅速に施工できることもあり採用させて頂きました。 実際に、打ち合わせから、工事着工して工事完了まで柔軟な対応と滞りなく施工できて、出来上がりも満足しています。施工業者が地元ということも良いですね。今後共、お家の事で、なにかあった時は、宜しくお願いします。

■屋根リフォーム施工事例1
築年数・・・15年  
採用商品・・・ふく一番(Panasonic)
屋根面積・・・107㎡
塗装面積・・・240㎡
工事金額・・・屋根工事220万円(税込み)・塗装工事190万円
工事内容・・・屋根葺き替え工事・光触媒塗装塗装・雨樋工事等
工事開始日:平成19年9月9日~完工日:平成19年9月17日 
■改修の動機・困っていた点
改修しないといけないなと思ったきっかけは、屋根が反ってきているのが、1階から見えたからです。よく見ると屋根の色が褪せて、外壁(セラミック塗装)もパサパサになってしまいました。10年前に屋根塗装・壁もセラミック塗装をし安心していましたが、気が付いたら10年経ち劣化していました。
■お客様の声
屋根の塗装をしても10年でまた同じ状況になる事がわかっているので、今回は塗装のときよりも費用は高かったですが、屋根を葺き替えることに決めました。
「2Fの暑さも緩和され、塗り替えの心配もない屋根」これにあと30年は期待しています。

■屋根リフォーム施工事例1
築年数・・・20年
採用商品・・・ニューメタル(セキスイl)
屋根面積・・・150㎡
工事金額・・・屋根工事250万円(税込み)
工事内容・・・屋根葺き替え工事
■改修の動機・困っていた点
ユウキさんに声をかけてもらうまで屋根なんか気にして見たこともありませんでした。
「屋根が傷んでますよ。」と言われよく見てみると、屋根の色褪せと細かいひび割れがありました。また2Fは雨音が気になっていました。
■お客様の声
ミサワホームで家を建てましたが、家と長くつきあっていく方法を教えてくれたのはユウキさんでした。あの時、営業さんが声をかけてくれ、家を見直すきっかけを作ってくれたので、雨漏りすることもなく今も快適に過ごせています。気になっていた雨音も今はしなくなりました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。