メグ マスターズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】メグ(恵美)=マスターズ
【性別】女
【外見】
年齢不詳の小柄な少女。喫煙している姿が散見されるが、どこをどう見ても二十歳には見えない。
黄色人種、白人のどちらともつかぬ、中途半端な顔立ち。
ショートカットの金髪に、瞳の色は茶。常に目を細め、眠そうにしている。
デニムにパーカーと、その間から覗く金のネックレス、野球帽の上からヘッドフォン。いわゆるB系の服装。

【詳細】
新米であるEDEN候補生の中の、更に新米。米国人の母を持つハーフの少女で、アメリカ生まれのアメリカ育ち。
両親は数年前に他界しており、以後は放蕩の後、HMPによる犯罪を主としたストリートギャングに加わっていた。
ギャング時代の仔細やEDENに志願した動機は不明だが、HMPに関する清濁併せた技術と知識の量は、確かに水準以上。

現在は遠い親類の家に居候しつつ、数年遅れ?の高校生活を過ごしている模様。
間延びしたり、部分部分が英語に置き換わった日本語で話す。
本来は非常に流暢な喋りを見せるのだが、特技は「私日本語わかりまセーン」。

オスカーの他にもう一機魔改造されたHMPを保有しているようだ。
が、真っ当な規格に適合していない性能らしく、現在目下調整中の模様。


【HMP NAME】オスカー
【TYPE NAME】フライングフォートレス
【HMP SIZE】37cm(大型)
【HMP TYPE】ヒュームボット

【HEAD】プリティーボーイ
茶色をベースにした頭部パーツ。坊主頭にサングラスをかけた黒人に見えなくもない。
反応速度や飛翔体の処理に非常に優れており、場合によっては銃弾すらをも避けきる。
その反面レーダーの探知距離等に劣り、視界外に逃れられると再度の捕捉に相応の時間を要する。

【BODY】 スイートピー
チャンピオンベルトらしきパーツを巻いた、大柄なラッパーかボクサーに見える胴部パーツ。
重量級ながら可動域に優れ、非常にしなやかな動きが出来る。
随所、特に背部に大型のブースタを搭載しており、これを用いる事で機動力を大幅に底上げできる。
とはいえ重いものは重い、水平方向への加速や跳躍、空中での姿勢制御や前進程度が関の山。
また、燃費は最悪クラス。重量機ながら、軽量機と同等の継戦能力しか持たない。

【R.ARM】パウンドフォーパウンド
手首に当たる部分に、リボルバーのシリンダーのようなものが付いた腕部パーツ。
これを撃発する事により、一瞬ながら拳での攻撃や握ったものに爆発的な衝撃力を付加する。
壁に叩き付けたり、遮蔽物を破壊したり、自分よりも軽い相手であれば、垂直にふっ飛ばす事も。
装弾数は3発。手に持つ形で別途に武器を携行できるのも強みの一つ。
各部位に胴部のそれと連動する補助ブースタを搭載。また、他の部位に比べ非常に堅牢。

【L.ARM】ビートダウン
「連射型パウンドフォーパウンド」と形容できる性能を持つ、同系統のパーツ。
撃発部は主に肘と肩で、銃器のマガジンのようなパーツが一部張り出している。
拳に衝撃力を与えるのではなく、加速する事で息もつかせぬ打撃の嵐を繰り出す。
他の特徴はパウンドフォーパウンドと同等。

【LEG】ボックススタイル
見かけ以上に瞬発力に優れた脚部。足の裏にブースタが存在し、推進や直上を補助する。
格闘戦に向いた機体であるものの、蹴りは苦手なようだ。
オスカーの部品殆どに共通して言える事だが、性能面で、元のキットの面影は殆ど残っていない。


【ETC】
大は小を兼ねる、そんなアメリカ的な発想から生まれた、重量級射撃型フライメックなる豪快な一品を改造したもの。
残念ながら低速が主の航行能力と図体の大きさが全く噛み合っておらず、コンセプト通りに運用する事は不可能に近い。
オスカーの場合、ブースタを加速・跳躍用と割り切り、近接戦闘向けに数多の改造を加える事で一定の戦闘能力を得る事に成功している。

接近戦では無二の火力を誇り、重量から重火器を安定して扱い、ブースタを用いる事で機動力もカバー可能。
……と、一見して完璧にも思えるスペックを誇る。が、燃費は劣悪。
おまけに実用圏内の飛行性能を得るべく、腕部以外の装甲は軽量級に毛が生えた程度。
腕を用いる事で防御は可能だが、過信しているとあっさり沈む。

「SHIT」「YEAH」「FUCK」が似合う、面白黒人的キャラクター。
放っておくと射撃機相手に突っ込んで一瞬で溶けるので、適切な指示が必須。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。