FAQ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Q.合成すると何かあるの?

A.合成すると壱→弐→参とレベルアップします。
 攻撃力とHPが10%、20%アップする。
 そのため、戦況を有利に進める事が出来ます。

Q.ステージ報酬が貰えないんだけど?

A.ボムを使うとステージ報酬は貰えません。

Q.バトルのコツは?

A. 基本戦術、知識はこちら
A.どんなタイプにも言えるが、基本的に1対1で戦わせないように意識する。(そうも言っていられないことも多いが)
 接近型や盾型を最前列に置いて敵と殴り合ってるところを弾幕型が後ろから援護という形が理想。
 但し、弾幕型やノックバック持ちが相手だと前列が一方的に殴られるので、そういう相手が来たら射程に入る前に一旦別の列に退避、
 接近してきたところで元の列に戻す(or新規で敵目前に近接を配置)ことで対処する。
 特攻持ちは得意相手に対してダメージが3倍になるので非常に有利になるが、その分同コスト帯で比較すると性能が低めなことが多いので、
 特攻相手以外を正面から相手にして無駄に消耗しないように注意。

Q.お勧めのデッキ構成は?

A.接近or盾と弾幕をバランス良く。
 近接タイプだけでも弾幕だけでも敵に押し切られる。(バランス良くセットしても実戦での引きが悪いと偏るがそこは運次第)
 後半は盾や飛行系がわんさか出てくるのでこれらに特攻を持つキャラは優先的に入れたい。
 飛行系は敵で出ると強く感じるが小回りが効かないので使いづらい。

Q.高コストの少数精鋭で行くのと低コストを集めて質より量で行くのどっちが良い?

A.戦いは質だよ兄貴!
 コストに関わらず戦闘中1度に引ける手札の数は一緒なので1体1体が強い方が良い。
 但し、コスト1でも便利なキャラは多いのでむやみやたらと高コストを入れれば良いというものでもないし、高コストばかりで手札総数が少なくなりすぎるのも×。
 また、先に進むにつれて位置調整の移動でカウントストップが嵩むようになるので、低コストで数を揃えてもバトル終了までに手札を全て引けないことも多くなってくる。
逆に最後に数が足りなくなるようなら低コストを入れてユニット数を増やすよう調整していくと良い。

Q.霊夢軍と萃香軍って何が違うの?

A.霊夢軍は射撃ユニットが多く、萃香軍は飛行ユニットが多いです。
 キャラとしては霊夢軍は永夜抄・花映塚・風神録・星蓮船のキャラが登場し、萃香軍は紅魔郷・妖々夢・地霊殿・神霊廟のキャラが登場します。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。