ゲームの概要


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノンフィクションインフィニティ だと!?

最近巷で人気のNonFiction Infinity!!!(迫真) 特にぺろ!女子赤幼小中高大院生ぺろ!!までに根強い人気を誇る!

その魅力はNo money NO toolのお手軽さと一瞬の気も引けないスリルってとこですかね!?
しかもやるだけで英語の成績がぐんぐん伸びる!! いつやるか?今出署wwwwwwwww
なお我々の行った調査では五人の男子学生、七人の女子学生において英語の試験点数が三倍以上になったことが分かった。

  • 手と指と頭以外何も使わない 手軽 かつ 奥が深い ゲームで、いっせっせーという遊びを究極まで発展させたものではなく いっせっせーがNIのパクリである

いっせっせを知らぬ愚者共へ

以下wikipediaより引用
2人以上で行う。xxから渡って来た「数拳」という遊びに似ている。(→拳遊び)
この遊びの名称は人によって違い、せの、いせのせ、いっせーのーせ、いせので、いっせっせ、ちゅんちゅん、ちょんちょん、ちっち、ルンルン、あおざめ、せっさん、たこたこ、バリチッチ、指スマ、ギンギラギン、そろばん、ジンチ、前田前田などたくさんある。これらの名称は遊戯時の掛け声に由来すものが多いが、この遊びと同一または類似した遊びを用いていたテレビ番組に由来するものもある。
ルール
先攻を決め、3人以上なら時計回りに行うか反時計回りに行うかを決める。
参加者が向き合い(あるいは円になる)、両手をじゃんけんの「グー」を縦にした形で前面に出す。
先攻が数字指定者となり、「いっせーの」等の掛け声と共に「0~全プレイヤーの親指の本数」のうちの任意の数字を言う。それと同時に参加者は任意の親指を立てる。
立った親指の合計数が、指定した数に同一ならば数字指定者は片手を下ろす。下ろした手はゲームに参加しない。次の参加者が行う。
これを繰り返し、先に両手とも下ろせた者から上がりとなる。
前述のとおり、掛け声は多様である。主なものは、「いちにーの ○!」、「いっせーのーせ ○!」、「いっせーのー ○!」、「いっせっせーので ○!」「チッチッチッチ バリチッチ ダーク ○!」、「たこたこ ○!」、オクトパスギャラクシーー!!「スマブラ○!」、「ルンルン ○!」、「スパルターン ○!」、「ギンギラギンの ○!」、「そろばん ○!」、「ジンチー ○!」、「前田が前田でKATOの前田 ○!」など。


  • ゲーム名の由来は神が示したのだで使う技名からきている
  • 基本的にゲームは全て英語で行われる。フォォォォォォォォッ!フォォォォォォォォッーホッホッホ クエーーー!
  • つまり、極めると自然と英語が覚わっていくので英語の勉強にもなる
  • さあ・・・ 全国否、世界を支配せよ!フォォォォォォォォッ!フォォォォォォォォッーホッホッホ クエーーー!ブルドッグ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。