スキルについて


スキル

スキルの仕様

  • 基本的な仕様
    • スキル毎に設定されているスキルゲージを消費することにより使用可能。Aボタンか下画面のスキルボタンを押して使用するスキルを選択する。
    • 上画面右下に表示されているものがスキルゲージで、初期値は5でゲーム進行により最大10になる。
    • ドロップを消したり攻撃を受けたりするとスキルゲージが溜まる。
    • 発動可能状態になるとモンスターアイコンの右下にSマークが表示される。
    • 1度使用してもスキルゲージが残っていれば同じモンスターのスキルでも何度でも発動できる(一部例外あり)。
※なお、スキルとリーダースキルは別の概念。
※スキルレベルという概念は廃止された。

主なスキル


リーダースキル

リーダースキルの仕様

リーダーと助っ人リーダーのモンスターのみ発動。効果は永続。
リーダーor助っ人リーダーのモンスターがマヒ系スキルにより行動不能となった場合、その間は効果が消滅する。(ステータス上昇系も同様)
例: リーダー:ゼータ・ヒドラ(リーダースキル:真龍のルーン・中/真龍タイプのHPと攻撃が1.5倍になる)がバインド系スキルにより5ターン行動不能 → 5ターンの間のみ真龍タイプへのHP1.5倍効果が消滅し、最大HPは低下。バインド解除で最大HPは戻るが、現HPは解除前の数値のままになる。

リーダーと助っ人の持つリーダースキルは多くの場合、効果が重複する。
例: リーダーとフレンドが両方ドラゴン・バサラ(リーダースキル:真龍のソウル・中/真龍タイプの攻撃が1.5倍になる)の場合、真龍タイプの攻撃力が1.5×1.5=2.25倍になる

「○属性と△タイプ」が対象のリーダースキルもあるが、助っ人との掛け合わせ以外では効果が重複することはない。
例: リーダーがエンシェントドラゴンナイト(リーダースキル:ドラゴンソウル・中/木属性と真龍タイプの攻撃力が1.5倍になる)の場合、木属性の真龍タイプが攻撃力2.25倍になることはなく、1.5倍である。

ステータス上昇系リーダースキルの効果が適用されるのは、ドロップを消した時の通常攻撃などのみであり、他のスキルやリーダースキルには適用されない。
例: リーダースキルが「ほのおのソウル」(炎属性攻撃力1.5倍)でも、スキル「ゴッドブラストカノン」のダメージは1.5倍の30000にはならず、20000のままである。(これとは別に敵モンスターとの属性の相性による倍増・半減は発生)

主なリーダースキル

能力アップ系
一定の属性、あるいはタイプの能力(こうげき、たいりょく、ぼうぎょ)を上昇させる。パーティーのメンバーは限られるが、恒常的に効果を得られるため使いやすい。
味方の属性が対象の例


味方のタイプが対象の例


味方の属性・タイプ両方が対象の例(属性とタイプの両方が当てはまるモンスターでも重ねがけはされない。)



攻撃倍率系
一定の条件を満たすと全員の攻撃力が上がる。条件はピンキリだが、難易度が高いものほど効果が大きい。プレイヤーの実力と運が問われる。
コンボ数が条件の例


現在HPが条件の例


攻撃属性が条件の例



ダメージ軽減系
ある条件下で、敵の攻撃によるダメージを一定割合軽減する。HPと回復力が倍になったこととほぼ同義であり、敵は選ぶがハマれば安定性がぐっと増す。
敵の属性が条件の例


現在HPが条件の例



サポート系
さまざまな補助的な効果を及ぼす。難関マップに挑むにはやや心もとないが、それ以外では非常に快適なプレイができるだろう。
スキルゲージを補充するスキルの例


ドロップの移動時間を増やすスキルの例


HPを回復するスキルの例


受けたダメージを跳ね返すスキルの例





コメント

コメント:

すべてのコメントを見る