シンガポール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SingTel、StarHub、M1が大手キャリア。シンガポールでは、1人で発行できるSIMの枚数は、キャリアを問わず一生で最大10枚に制限される。従って複数回訪問するならば、他国とは異なりSIMを使い捨てにせず、使いまわす方が良い場合もある。SingTel と StarHub は、飛行機でシンガポールチャンギ空港に着いて、入国審査を受ける前の両替所で24時間SIMを購入できる。M1は入国審査と税関を通過し、地下鉄に向かう途中にカウンターがある。シンガポールは小国なので、3キャリアともほぼ全土をカバーしている。

SingTel

シンガポール最大手。F1シンガポールグランプリのスポンサーでもある。

パッケージ

パッケージ 価格 データ通信 内容
$10 Hi!Card S$8 5MB S$10トップアップ済
$18 Hi!Card S$15 5MB S$18トップアップ済
$28 Hi!Card S$25 5MB S$28トップアップ済

SIMの販売箇所はチャンギ空港内の両替所、市内各所のオフィシャルショップ、一部のセブンイレブン。実際には$10のSIMを販売している店は見かけない。SIMを販売しているセブンイレブンもあまり多くはない模様。標準サイズのSIMだが、切れ目が入っていてマイクロSIMにもなる。開通手続きは必要なく、挿すだけで使える。APNも多くの機種で自動設定される。

データ通信プラン

3とだけ書いたSMSを727050に送ると、折り返しメッセージが送られてきて、表示されるメッセージに従えばデータ通信プランを申し込める。申し込めるプランは次の通り。申し込むと、次の料金が残額から差し引かれる。

料金 データ通信量 有効期間
S$6 2GB 1日
S$15 6GB 3日
S$25 14GB 7日
S$1 10MB 7日
S$7 1GB 7日
S$10 200MB 30日
S$15 500MB 30日
S$20 1GB 30日

残額を増やす(トップアップ)カードは、シンガポール国内ほとんどのセブンイレブンで販売している。DataTalk$22は、販売価格S$22で、S$12残高を増やし、30日250MBの通信ができるトップアップカード。SingTel の SIM は、特に申し込まなくても世界の多くの国でローミングができる。日本からも使うことができる。また、次の URL でトップアップすることもできる。S$10トップアップすると、データ通信が5MB増える。*139# に電話すると、残額を確認できる。
https://inno.ideas.singtel.com/easyonlinetopup/
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。