ホットライン。レベル26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホットライン。レベル26

 

憧「もしもし?」

 

『よ、今日は遅めだな』

 

憧「うん…ごめん、寝るとこだった?」

 

『いや大丈夫。今日は全然寝る気ないぜー』

 

憧「なにそれ。ちゃんと勉強しなさいよね」

 

『う…まあ、赤点は取ってねーから大丈夫だって』

 

憧「ふふ、そんなこと言ってるとダメなの。後で苦労するんだからね?」

 

『ぐぅ…そうなったら誰かに教えてもらうしかないか…』

 

憧「ちょっとー、他力本願すぎ。自分でどーにかしなさい」

 

『いやいや、せっかく部活仲間に学年トップクラスがいるんだぜ? 教えて貰わないともったいない!』

 

憧「それはアンタの都合でしょ…ちなみに私、偏差値70の高校A判定でした。どう? 見直した?」

 

『マジで!? 無茶苦茶頭いいじゃねーか…お前が同じ高校ならテスト前でも楽勝だよなー』

 

憧「そうねー…同じだったら、ね。そしたらきっと――」

 

『きっと? カット?』

 

憧「…ばーか。つまんないわよ、それ」

 

『正直反省してる…そろそろ勉強するわ。明日テストだし』

 

憧「はあ!? なに悠長に電話してるわけ!?」

 

『息抜き息抜き。勉強ばっかだと頭痛くなるからさ、んじゃまたなー』

 

憧「はー…もう、頑張りなさいよ? ばいばい」

 

憧「……」

 

憧「きっと――」