※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試される……  ◆i7XcZU0oTM




(……"私に任せろ"と孔明は言ったが、さて、どのような手を用いるのか……)

 表情一つ変えずに良策を練る孔明を、スターリンは黙ったまま観察していた。
 孔明は――――使える男なのかどうか。それとも、役に立たぬ者であるのか。
 それを見極めんと、目の前の獣……サバンナを如何にして配下に加えるかを観察していた。
 しかし孔明は、時折むむむと唸るだけで、今の所、行動を起こしてはいなかった。
 だが、そんな孔明に対して、スターリンは何も言わずに、ただ見ているだけであった。

(しかし……つくづく不可解な事ばかリだ……)

 自身の知らぬ物ばかりに触れて来たせいか、スターリンの思考対象が孔明から少し離れる。
 ……今まで、見たこともないような街並みに、建造物群。
 本来ならば、こんな所にいるはずでも、いるべきでもない猛獣。
 改めて考えてみれば、奇妙なものだ。

(ライオンはまだ分からなくもない。動物園からでも連れてくれば良いだけのこと。だが……この建物はどうだ?
 これほどの物を建築するにはかなりの時間と労働力、それと相当な量の金を要するだろう。
 果たして、それらはどこから調達してきたのか? 見る限り、あの男にそれらを調達する力は無さそうだが……)

 しかし、それらの事よりも、不可解な事がスターリンにはあった。

(――――とうの昔に死んでいるはずの孔明が、何故生きている? あの本の記述が正しいのならば、
 孔明は1500年以上前の人物と言う事になる……。そのような人間が、現代まで生きているはずもない。
 ならば、奴は"孔明"の名を騙る偽物か?)

 もしそうならば、スターリンは迷わずトカレフの引き金を引くだろう。
 だが……それをやるにはいささか早いとも思っていた。
 目の前にいる孔明が偽物なのか本物なのか、判別できない以上は……。

「……まだ掛かりそうなのか」
「もう少しお待ち下さい」

 表情を崩す事なく、孔明は返した。

「……ならば、その身に付けている奇怪な物を少々私に貸してみろ。暇を潰すのには役に立ちそうだからな」
「分かりました」

 孔明からiPodと説明書を受け取り、説明書通りに操作してみる。
 曲のタイトルに1つづつ目を通してみるが、どれもスターリンの記憶にはない曲であった。
 それもそうだ、入っている曲はどれもスターリンの生きていた時代にはなかった曲なのだから……。
 だが、そんな中でも、少しだけスターリンの興味を引いたタイトルがあった。
 それは……。

(……"巫女みこナース・愛のテーマ"?)

 音楽である以上、聴いてみなければどんな物かは分からない。
 誘われるように、スターリンの指が、再生ボタンを押した。
 それと同時に、曲が再生されて……。




 "皆さーん、元気ですかー!?それではさっそく行ってみよー!"




「――――!? これはッ……!?」





 今まで聴いたことのないようなメロディーが、スターリンの耳を、そして心を刺激する。
 誰なのかも分からぬ声で歌われる、そこはかとないいやらしさも感じさせる歌詞。
 何もかもが初体験の中、スターリンは暫し呆然としながらもその曲を聴いていた。


(ズキズキ恋煩い……きっと変われる素敵な私……愛のリハビリ……セクシャルバイオレット……)


 気がつけば、心の中でいくつかのフレーズを、スターリンはくり返していた。
 何故なのかは、本人にしか分からない。
 だが、気がついた時にはそうしていた。
 もしかしたら、存外この曲を気に入ったのかもしれない。
 それとも、ただ単に珍しい歌詞を反復しているだけなのか。
 そこの所は、やはり本人にしか分からないのだ。

(…………ふむ、なかなか悪くない曲だ……他には何があるのか……)

 適当にリスト内に目を通すスターリン。
 幾つものタイトルが流れて行く中、スターリンの目に留まったのは。

("Southern Cross"……南十字星か。何故このタイトルなのか分からないが、聴いてみるとしよう)

 ――――再生ボタンを押すと、先程の曲とはうってかわって力強い曲調が、スターリンの耳に。
 早口故に、先程の曲と違い歌詞をはっきり聞き取れなかったが……。
 (別段何かを恐れているわけではないが)スターリンの心に"勇ましさ"を注入してくれた。

(たまには、音楽に耳を傾けるのも悪くはない……さて、そろそろ準備も出来た頃であろう)
「孔明、用意は出来たか」
「ええ」

 少し緩んでいたスターリンの目元が、一瞬の内に鋭くなる。
 ――――孔明の力量を……いや、本人なのかどうか、見極めようとしているのだ。

「やる前に、内容を聴かせて貰おうか」
「分かりました。それでは、説明いたします」


 孔明の計画は、こうだ。
 ……まず、眠っているライオンに近づく。もちろん、警戒を怠らずに。
 そして、先程手に入れた"黒の教科書に掲載されている毒物"を使う……。


「……その、"黒の教科書に記載されている毒物"とやらは一体何だ」
「仔細は不明ですが、おそらくこれは、嗅いだ者を気絶させるような効能を持つのではないかと思われます
 ……それで、この薬を用いてライオンを気絶させるのです」
「ふむ……それで、どうする」
「ここに、紐があります。スターリン殿が音楽を聴いている間に、あそこの机より拝借しました。
 これで……手足を縛るのです。目覚めた時には……自分の置かれている状況を見て、
 "力"の差を理解するでしょう」



 ……少しの沈黙の後、スターリンが口を開いた。



「なるほどな。"支配する者"と"される者"を教えてやろうと言うのか……悪くない。ところで、縄はどこだ?
 見た所、持っているようには見えないが」
「私の鞄の中に入っております……それでは、さっそく」
「ああ……」



(さて、これからが本番だ……。お前の力を見せてみろ、"孔明"よ……)

 瓶を片手に、足音を立てずに。
 依然小さないびきをたてて、眠ったままのライオンに近づく孔明。
 ……もちろん、いつ目覚めても良いように、もう片方の手には、武器が握られている。
 外から入るおぼろげな光が、その刀身を光らせる。

「……」

 瓶の口を、ライオンの鼻の近くまで近づける孔明。
 そして……一気に、鼻のすぐ下まで近づける!
 丁度鼻から息を吸う時であったライオンは……グーッと一気に、空気ごと吸い込んで。






「……エンッ!!」






~~~~




「うが……」

 ……俺が目を覚ました時には、手足がひものようなもので縛られていた。
 おい、これじゃ動けねえじゃねえか。

「しかし、まさかこのライオンにまでこの首輪が嵌められているとは、驚きでしたな」
「うむ。……もしや、このライオンも"参加者"の一人かも知れぬな」

 誰だ、こいつら。人間が2人か。
 何か俺の方を見て、ベラベラ喋ってるな。

「……スターリン殿、ここに鞄がありますが……」
「ああ、おそらくこやつの物だろう。……役に立つ物があるかもしれんな。調べてみるか」

 クソッ、そいつの中にはあの旨そうな肉が入ってるんだ。
 勝手に他人の鞄の中身を検めるなんて、非常識だぜ!

「他人の鞄、勝手に開けるとかマジないわー」

 ……俺がそう言った途端、2人の人間は鳩が豆鉄砲食らったような顔して、急に黙ってしまった。

「お前ら常識ってもんがねぇのかよ……これだから人間は駄目だわー」
「喋るライオンか……孔明、聴いたことはあるか?」
「まさか」

 だが、人間2人はすぐに落ち着きを取り戻した。
 ……案外、肝が据わってるわ、こいつら。

「言葉が話せるのか、ならば知能も……よし」

 そう言うと、ちょびヒゲの男は、何かを取り出した。
 黒光りするそれは……間違いねえ、拳銃だ。
 それが、俺の頭に……ゆっくりと、迷う事無く突き付けられた。

「――――私に従うか、ここで斃れるか。話せる程の知能があるならば、"正しい"判断が下せるはずだな」
「……ッ!!」

 やべーわ。
 ……手足が縛られてなけりゃ……いや、縛られてなくても、この状況じゃキツいわ。
 先にこの銃をもった奴を仕留めるにしても、その隙にもう片方の奴にやられるかもしれねえし。逆も然り。
 ……流石に、まだまだ死ぬ気はないぜ。
 易々と頭下げるのは、俺のプライドが許さねえが……。
 手段を選んでちゃ、サバンナじゃ生き延びられねえからな!

「……滅茶苦茶気に食わねーけど、従ってやるよ」
「ならば良し。孔明、こやつの鞄の中身をそこの机の上に出せ」
「かしこまりました」

 結局、こいつらに俺の荷物は取られるのか。
 まあ、まだ信用しきっていない相手に、武器になりそうな物を持たせるはずもないよな。

「……それは銃か? ライオンには過ぎた物だ」
「この生肉はいかがいたしましょうか」
「おそらく、こやつの食糧か何かだろう。持っていけ。あと、その銃は私が使う……こまごました物は捨てて構わん」




~~~~




(思いもよらぬ収穫だったな。新しい武器も手に入ったしな)

 先頭にサバンナを立たせ、校舎を出る一行。
 ……サバンナの背には、スターリンの持つUZIの銃口が向いている。
 もしサバンナが妙な行動を起こそうとすれば、その瞬間に……。
 それが分かっているからこそ、サバンナも下手な行動を取れずにいたのだ。
 もっとも、未だに腕は縛られたままなので、普通の行動すら取りにくくなっているのだが。

(……そう言えば、孔明の力量を上手く図り損ねてしまったな。惜しい事をした)

 だが、少なくともただの凡人では無い事だけは分かった。
 ……いつ目覚めるかも分からぬライオンに近づいた度胸は、確認できたのだから。

「孔明、今は何時か分かるか?」

 不意に、スターリンが孔明に声をかける。
 その声に反応するように、手早く鞄からPDAを取り出し、時間を確認する孔明。

「丁度、6時でございます」

 その返事に、分かったとだけ返事をし、黙ってしまったスターリン。
 打倒ファシストを目指すスターリン、それに付き沿う孔明。
 そして、嫌々ながらも生きる為に従わされているサバンナ……。



 何とも言い難い組み合わせの一行が、何処に向かうのかは……分からない。



【A-1・学校/一日目・朝】
【孔明@三国志・戦国】
[状態]:健康
[装備]:脇差@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、黒の教科書の毒物@コピペ(現地調達)、ビニール紐@現地調達
    ぞぬの肉@AA
[思考・状況]
基本:蜀に帰る
1:スターリンに従い、対主催の策を練る。
※共産主義の素晴らしさを刷り込まれつつあります。

【スターリン@軍事】
[状態]:健康
[装備]:UZI@現実(32/32)、iPod@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1~2、トカレフTT-33(7/8)、UZIの予備マガジン
[思考・状況]
基本:ファシストを倒す集団のトップに立つ
1:疑わしきものは粛清する。
2:喋るライオンか……暫くは警戒を解かないようにせねばな
3:孔明が本物なのかを見極めたい
※1942年初めあたりの参戦です。日本人はファシストとみなされる可能性があります。
※図書室で三国志@現実を読みました。孔明の出自をある程度把握しましたが、誇張もあるかもしれないと考えています。
※死んだはずの人間が生きている事に疑念を抱いているようです。

【サバンナ@AA】
[状態]:健康、屈辱感、手を縛られている
[装備]:なし
[道具]:なし
基本:生き残る
1:悔しいが、今は従うしか無いわ
2:とっととこいつらから逃げ出したいけど……今は無理だわー


※サバンナの鞄(基本支給品、サバンナのPDA)が、学校の給食室に放置されています



≪支給品・現地調達品紹介≫
【脇差@現実】
特に変哲のない、ただの脇差。
切れ味はまあまあある。
少なくとも、多少乱暴に扱っても壊れない程の強度はある。

【ビニール紐@現地調達】
普通のビニール紐。
キツく縛れば、解くのは容易な事ではない。

No.74:第一回定時カキコ 時系列順 No.88:ひと時のマターリ
No.86:神々の戦い 投下順 No.88:ひと時のマターリ
No.58:地面に寝そべる獅子を見た サバンナ No.102:孔明「これがチハちゃんですか」
孔明
スターリン