※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Drop out  ◆i7XcZU0oTM




 ぼっさんとノリさん、それにハルトシュラーの3人は……百貨店の探索を既に終えていた。
 結果としては喜ばしい物ではなく、役に立ちそうなものを見つけられずに終わった。
 結局、失意のまま百貨店を出て、次なる目的地に向かう……はずだったのだが。
 明確な目標が無い故に、結果として"加賀との合流"を再度目指す事になった。
 その途中で、定時更新の事を思い出したノリさんの呼びかけで、PDAのチェックを行ったのであった。


「……もう15人も殺されているなんて、信じられないでちゅ」

 PDAを眺めて、青ざめたぼっさんが呟く。

「確かに、15もの命が奪われたのは痛ましい事ですが……ここで諦めてはいけません。
 希望を捨ててはいけません!」

 外見は"きれい"なまま、2人に語りかけるノリさん。
 とはいえ、この事態には流石のノリさんでも動揺を隠せなかった。

(確認出来るだけでも、8人も危険な輩がおるとはな。そんだけおるんやったら、もしかしたらこの近くにも、
 潜んでるかもしれんな……)

 だが、不思議と恐怖心は無かった。
 ……自分には、このパワードスーツがある。並大抵のヤツなら一捻り。
 そう考えているからこそ、恐怖心も薄れるのだ。

(……どっからでもかかってこんかい。どんな相手が来ても、ワイの力で一捻りや)







「……」

 定時更新を軽く確認して、鞄に仕舞う。
 ……やはり、俺の名が載っていたが、こんなものは気にする必要もない。
 こうなるのは最初から分かっていた事だし、たからと言って殺しをやめる気もない。

(まだだ。まだ足りない)

 この6時間、俺は2人しか殺していない。……これじゃ駄目だ。
 もっと、大量の血を以て……全てを、断らなければならないのだから。
 そのためには、2人などでは到底足りない。このままでは、目標には到底辿り着けない。
 ――――全ては、生きとし生ける者全てを、断る為に。

(だが、焦りは禁物だ……つまらないミスで足元を掬われるほど、下らない物はない)

 確実に、逃がさないように、躊躇わずに一息に狩る。
 その固い意思と行動が、俺の勝利を確実にするのだ。

「…………」

 だが、今の俺には、足りないものがある。

(もう少し、役に立つ武器があればいいんだが)

 今の手持ちは、ボウガンにさっき奪った薙刀、それと草刈り鎌。
 殺傷力という点で見れば、まずまずの武装だろう。
 だが、この程度では足りない。まず、ボウガンだが……。
 銃等に比べて音が小さいのは有難い所だ。だが、一発撃つたびに装填しなければならない。
 ボウガン特有のこの手間……致命的な隙になりえる物だ。
 少しの隙が命取りになるような戦闘中に、再装填はできないだろう。

 次に、薙刀だが……殺傷力も高く、接近戦では有効だろう。
 だが、ボウガンのように遠距離からの攻撃は望むべくもない。そこがこれの欠点だ。
 しかし、ボウガンとは違い、薙刀は壊れさえしなければ何度でも攻撃できる。

 ……草刈り鎌も、武器としては馬鹿に出来ないモノがある。
 取り回しも良く、殺傷力もそこそこだが……元々武器として作られている訳ではない。
 強度の面で、不安が残る。

「……」

 ……辺りは既に明るくなっている。
 闇に乗じて不意打ちする手は、もう使えない。
 だが、先述したように遠方からの攻撃は難しい。
 ならば……確実に先手を取れるように、こちらから仕掛けて――――。

(……ふん)

 そんな事を考えていた時に……丁度よく、誰かが近づいてきたようだ。
 気付かれないようにササッと近くの民家の庭に飛び込み、透かしブロックから様子を窺う。

「休まなくても平気でちゅか?」
「うん」

 3人組……。
 その内2人は中年、あとの一人は子供……。

「疲れたなら、いつでもおじさんに言っていいからね」
「……大丈夫」

 状況から察するに、あの中年2人が子供を保護してるって所か。
 なら……先に子供を仕留めて混乱した所を突くか?
 それとも、何となく厄介そうな、変なモノ着てる奴を片づけるか?

(……子供は簡単に殺れるだろう……ならば、面倒な奴から先に片づけるか)

 そうと決まれば、すぐ行動に移そう。……今回は、ボウガンは使わずに行く。
 やはり連射できないのは厳しい。1対多ならばなおさらだ。
 ならば、最初から薙刀(と草刈り鎌)で戦う方が良い。

(……)

 ……忍び足で家の裏手へ回り、ヒョイと塀を乗り越えて路地に出る。

「え? ……猫?」
「武器、持ってまちゅ」

 中年2人は、突然飛び出してきた俺に、目を丸くして驚いている。
 まあ、当然だろう。いきなり、俺みたいなのが出てくればな。
 そのまま脇目もふらずに、妙な物を着たヤツに一直線で向かって行く。

「……おおぉぉぉッ!」

 上から振り下ろした薙刀の一撃は……鋭い金属音と共に、中年男の左腕で防御された。
 鉄を叩いた鋭い反動が、薙刀の柄を通じて手に伝わる。

「この……!」

 中年男の拳が振りかぶられる!
 すかさず、俺は後ろへ飛んで距離をとる。
 それと同時に、破壊音と共に、拳がコンクリートにヒビを入れる……!
 ……どうやら、あの妙な物は着た者の力を増幅するもののようだ。
 そう考えなければ、このとんでもない力を説明出来ない。

「2人は下がっとれ! かかって来んかい、化け猫ォ!」

 自信満々の表情で、戦闘体勢を取る中年男。……どうすれば、こいつを殺れる?


                巛彡ミミミ彡彡
                巛巛巛巛巛彡彡   
                |:::::::::        |   
                |::::::::  ___、 ,_,l    
                |:::::::   =・ニ , 〔・={   
                |(6  `   _ 」 }
               ..| l  ┃' ー-=-'┃ 
            <⌒\|  、  ┃ ⌒┃!   
           />、 \ヽヽ、. ━━/\\ 
          ./ ̄ー \ 旧 ̄ ̄ ̄\、旧>  

 あのスーツで守られていない所……露出した頭部を叩けば、いけるはずだ。
 確実に殺すためにも、ここは、首を斬る。
 その為には、薙刀より取り回しの良い鎌を使った方がいいだろう。
 薙刀を投げ捨て、鎌に持ち替える。

「何や、せっかく良さそうなもん持ってたのに捨てるんか?」
「……」
「まあええわ。……ほな、行くでッ!」

 そう言って、中年男が俺に襲い掛かってくる。

 ――――不思議だ。
 もしかしたら死ぬかもしれないと言うのに、妙に心が落ちついている。
 冷静さを欠くのは敗北に繋がるものだが、ここまで落ちつけるとは……。

「ほらほらほらほらッ!」

 まるで、手に取るように。相手の攻撃が、予測できる。
 所詮、力で押すだけの単純な攻撃だ。こんなものは、とっとと躱して……。



「……頂いたッ!!」



 ――――首を狙う!



「がっ、あ、が……!?」


 勢いよく血が吹きだす首を抑えながら、中年男は倒れた。
 飛び散る生温かい液体が、俺を濡らしてゆく。
 何故だろうか、その生温かさが、妙に心地良い。

「あ……!」

 その光景を見て、絶句したまま立ちつくすもう一人の中年男と子供。
 ……先に、中年を殺しておくか。子供ならいつでも殺れる。
 薙刀を拾い上げ、ゆっくりと近づく。

「ハ、ハルちゃんは……殺させまちぇん!」

 そう言って、俺の前に立ちふさがる中年男と、それを尻目に、一目散に逃げ出す子供。
 ……まあ、子供ならば、俺が殺さずともいずれ死ぬだろう。

「安心しろ、あの子供はもう逃げたようだ」
「……そうでちゅか」
「それじゃあ――――」


 ヒュン、と鎌が風を切る音と共に。


「――――死ね」


 もう一人の中年男の首から、赤い液体が噴き出していた。


【ノリさん@なんでも実況J 死亡】
【ぼっさん@ニュース速報 死亡】
【残り48人】
※2人の遺体の傍に2人のPDAと支給品(こんにゃく@ニュー速VIP、参加者名簿@現実、ひもののようなもの@暴力二男のガイドライン、
 カップラーメン@コピペ、ブーメラン@現実、しまむらのパワードスーツ@しまむらくんAA)が放置されています








「……これは使えそうにないな」

 謎のスーツを着た遺体を見下ろしながら、俺は呟く。
 ……俺の体では、明らかにサイズが合わない。

(まあ、いい。……今度は2人始末した。それだけでも良しとしよう)

 ふうと一息付き、鞄からペットボトルを取り出す。……少々、喉が乾いた。
 ぐいっと一口水を飲み、喉の乾きを癒す。

(さて。どこに向かうか……)

 そう思って、歩き出そうとした時だった。




『ひろゆき討伐PT……まず……近鉄百貨店集合、詳細きぼう……はテルして……』




 ……南の方から、声が聞こえて来たのは。



【A-4・住宅街/1日目・朝】
【お断りします@AA】
[状態]:健康、返り血
[装備]:草刈り鎌@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=04】)、ニニフと炒飯セット@AA、予備の矢×7、薙刀@現実
    ボウガン(0/1)@現実
[思考・状況]
基本:全てに「お断りします」。
1:この声は……
2:今の武器よりいい物が他にあるなら手に入れたい
※声に反応して、どう行動するかは後の書き手さんに……








(……助かった)

 ノリさんが死んだ事も、ぼっさんが死んだ事も、閣下にとっては些細な出来事であった。
 それよりも、命の危機を乗り切ったことへの安堵感の方が大きかった。

(あいつがまず私を狙ってたら、今頃殺されてたかも……)

 今の時点では、自分の身を護れるかも怪しいほど、非力になっている。
 それは、否定しようのない事実だった。能力も封じられ、あるのは、知識のみ。
 ……どれほど素晴らしい武力の知識があろうとも、体がそれに追いつかないのでは意味が無い。

(……とにかく今は、さっきの2人より使えそうな奴を探してみよう)

 それまで、危険人物に遭遇しなければいいけれど。
 そう思って、歩き出そうとした時。




『ひろゆき討伐PT……まず……近鉄百貨店集合、詳細きぼう……はテルして……』




 遠くから、男の声が聞こえた。……一体何のつもりだろう?

(言ってる内容から察するに、仲間集めのつもりみたいね……馬鹿馬鹿しい……)

 誰がいるかも分からないような場所で、大声を上げるなんて。
 危険な奴なんて近くにいないとでも思ってやってるなら、ずいぶんと呑気な事で……。

(暫く、近鉄百貨店には近寄らないでおこう……)

 ……この呼び声が、罠の可能性だってあるのだから。
 大声を上げて、人のいい奴を集めて、一網打尽にする。
 それも、十分考えられる。

(……とりあえず、ここから離れよう……また、あの猫に遭遇するかもしれないし)



【A-4/1日目・朝】
【ハルトシュラー閣下@創作発表】
[状態]:健康
[装備]:警棒@現実、毒薬(青酸カリ)@名探偵コナン(?)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)
[思考・状況]
基本:10歳の少女を演じながら、ステルスマーダーに走る
1:とりあえずここから離れて、使えそうな奴を探す
2:百貨店には近づかない
※身体能力の一切が10歳の女の子並みに制限されています。召還術も、自分の設定を変えることも出来ません
※拳法の技術や、剣技は体が覚えていますが、筋力などがついていきません
※毒薬は青酸カリです。説明書は「文字を入れ替える系」ネタが使われております



No.81:迷える心 時系列順 No.83:――の前の静けさ
No.81:迷える心 投下順 No.83:――の前の静けさ
No.49:銭闘民族の特徴でおまんがな ノリさん 死亡
No.49:銭闘民族の特徴でおまんがな ぼっさん 死亡
No.49:銭闘民族の特徴でおまんがな ハルトシュラー閣下 No.91:ハルトシュラーのパーフェクト説得教室
No.59:意思が混ざり合う時、事件は起こる お断りします No.95:鬼子「どうしましたのクラウドさん、いきなり私を押し倒すなんて……」