◆ アドバンスメントポイント
キャラクターレベル30から、モンスター討伐、M.A.Cクリア時に「アドバンスメントポイント」(以下 ADP)を
取得することができます。

「ADP」には週間単位の入手量制限があります。
モンスター討伐、M.A.Cクリア時に取得できる「ADP」は『上限ADP』としてカウントされます。
設定された1週間で取得できる上限ポイントまで「ADP」を入手できます。
※入手量制限の具体的な数値は後述

また、メンターシステム利用時にメンター状態でモンスターを討伐した際は『上限ADP(M)』として区分されます。
「メンター」中に『上限ADP(M)』が上限に達した場合は、『上限ADP』に切り替わり、
『上限ADP』の分類として「ADP」を継続して取得することができます。
※『上限ADP』がすでに上限に達している場合は、切り替わってもポイントを取得できません。

「メンター」状態で得られる「ADP」は通常時よりも多くポイントを取得できますので、
ぜひメンターシステムもあわせてご利用ください。

◆ アドバンスメントポイントを取得できる場所
「AdPoint」は、以下のダンジョンのモンスターから取得できます。
ロットハーディの廃墟/昏き揺らぎの地/バビリム空中庭園(前・後篇)/狂気の館/深淵の迷宮
蒼の洞窟/ミスカトニック大学分校/愛欲と淫虐の館(Wizardry モードのみ)/イルヴァンボーレ鉱山

※「ADP」は、上記ダンジョンのPartyモードで取得できます。
※Storyモードでは「ADP」を取得できません。
※サブダンジョンのレベル制限エリア、弱体化された決戦場のモンスターなど、一部のモンスターからは「AdPoint」を取得できません。

また、週に1度だけM.A.C全エリア共通で、いずれかのステージを達成した際に固定値の「ADP」を取得できます。
※例)2015年8月4日(火)の19:00に「M.A.C 02」に挑戦し、ステージ1を達成した。
    しかしステージ2を達成する前に敗北して退場。「M.A.C 02」エリアからの退場時に固定値の「ADP」を取得した。
    直後に「M.A.C 03」に挑戦し、ステージ1を達成したが、ステージ2を達成する前に敗北したため退場した。
    しかしM.A.Cで得られる「ADP」は週に1度だけなので取得できない。

◆ クラスアドバンスメントUI

番号 内容 詳細
1 スキルボード
習得する能力の確認・習得・忘却を行うことができます。

【確認・習得】
各アイコンにマウスオーバーすることでスキル内容を確認できます。
習得は、光っているアイコンをダブルクリックすることで習得の選択ができます。
習得を行うと隣り合わせのスキルが習得できるようになっていきます。

【忘却】
習得したスキルのアイコンをダブルクリックまたは右クリックすることで忘却の選択ができます。
忘却にはゴールドが必要になり、回数を重ねるごとに必要ゴールドは増えていきます。
なお、忘却に必要なゴールドは、月に1回リセットされます。
忘却を行うと、スキル習得に使用したポイントは全て返却されます。

※忘却を行った結果、上限値を超えてポイントが返却される場合があります。

スキルの習得はベースストーンからの連なりであり、流れの中に空白を作る形
での忘却は実行することができません。

2 職業切替
『クラスアドバンスメント』は職業ごとにADPの使用が分かれており、職業ごとのスキルボードの切替をこのタブで行います。

3 職業ADP
取得した「ADP」は職業ごとに蓄積され、蓄積した「ADP」はその職業で使用することができます。

「ADP」は 25,000ptまで蓄積できます。
上限値に到達すると、以降は「ADP」を取得できません。
スキルを習得して上限値を下回ると、再度「ADP」を取得できます。

なお、習得した能力の忘却を行うと、そのスキルの習得に使用した「ADP」は返却されます。
忘却によって得たポイントが上限値を上回っていた場合、上限値を下回るまで「ADP」は取得できなくなります。

4 ポイント使用上限
「ADP」には使用上限があり、この使用上限を超えて能力を取得することはできません。
使用上限はスキルボードごとに管理されるため、「スタンダード」と「エキスパート」で上限値は異なります。

また、職業によっても上限値は異なります。

5 週間単位の入手上限
「AdPoint」の取得には週間単位での入手制限があります。
モンスター討伐、M.A.Cクリアで得られる「上限ADP」と、メンターシステム利用時、「メンター」状態で得られる「上限ADP(M)」があります。

「上限ADP」は 10,000pt/週、「上限AdPoint(M)」は 2,500pt/週です。
入手制限のリセットは、毎週月曜5:00に行われます。

入手制限のかかる上限ADPに到達する前に「職業ADP」が上限に達した場合、「上限ADP」「上限AdPoint(M)」のカウントも停止します。
スキルを習得して「職業ADP」が上限値を下回ると「ADP」の取得が再度できるようになり、「上限ADP」「上限ADP(M)」のカウントも再開されます。

6 ボードの種類
スキルボードにはボードが職業ごとに2つあり、「スタンダード」と「エキスパート」があります。
「スタンダード」は、その職業が持つベースとなるステータスを強化でき、「エキスパート」は、特定のスキルの強化など、より具体的な強化ができます。

なお、「スタンダード」のスキルはソウルランク15から、「エキスパート」のスキルはソウルランク19から習得できるようになります。
7 習得特性一覧 自身が習得した特性を一覧で確認することができます。
習得した特性の一覧は職業ごとに分けて表示されます。

【注意事項】
※自身のレベルと、モンスターとのレベルに差があった場合、入手できる「ADP」に制限がかかる場合があります。
※「ADP」は、キャラクターレベル30から入手できます。
※転職しても習得したスキルは消えません。
※習得したスキルは、そのスキルボードに属する職業のみで効果が発揮されます。
  ただし、全職業で効果が発揮されるスキルもあります。(詳細は各種アイコンについてへ)
※習得したスキルは、キャラクターごとに保存されます。

◆ 各種アイコンについて
スキルボードに表示されているアイコンは、スキルの種別を示しています。
各アイコンに設定されているスキルの詳細は、マウスオーバーすることで確認できます。
アイコン 説明
ステータスの強化を示しています。
基本ステータスの強化や、各武器種の強化がこれにあたります。
物理攻撃スキル・妨害スキルの強化を示しています。
魔法攻撃スキルの強化を示しています。
補助スキルの強化を示しています。
回復スキルの強化を示しています。
職業特有スキルの取得を示しています。
このスキルは自身と、パーティメンバーに効果を及ぼします。

左上に印があるアイコンのスキルは習得すると全職業に効果があります。
※全職業に効果があるスキルは、このアイコンのスキルのみです。

【注意事項】
※『クラスアドバンスメント』で習得できるスキルは、原則としてそのスキルボードに属する職業のみで効果が発揮されます。
  継承スキルは他職のクラスアドバンスメントで習得したスキルの影響を受けません。
  例)ファイターのクラスアドバンスメントで「バッシュ強化」を習得した状態でファイタースキル「バッシュ」を他職に継承。
    ⇒継承スキル「バッシュ」を他職で使用することはできるが、クラスアドバンスメント「バッシュ強化」の効果は他職では適用されない。
※『クラスアドバンスメント』で習得できるスキルのうち、他職でも効果を発揮するものは、アイコン左上に「 + 」の印があるものに限られます。

◆ 習得した能力を全てリセットするアイテム
『クラスアドバンスメント』実装と同時に、「ADP」を使用して習得した全ての能力を
リセットできるアイテムをロイヤルショップにて販売開始いたします。

アイテム名 効果 RG
回帰の秘宝 冒険者が積み上げた、技術の知識をリセットする。 178 RG
使用時の職業で習得したクラスアドバンスメントのスキルをリセットし、スキルの入手に使用したポイントを再び得る。

【注意事項】
※「回帰の秘宝」を使用して戻ってくるポイントは、職業178 RGの保有上限を超えた場合でも全てのポイントが戻ってきます。

|